朝来市

衣笠山

粟鹿峰

写真 写真

山 行 日 程 2011年4月2日(土)
天   候 曇り(山はガス)
同 行 者 やまあそさん、OAPさん

 今日は朝来市の山に登ってきました。
 みなさん粟鹿峰と言えばふるさと兵庫50山ですので良くご存知だと思いますが、衣笠山という城趾が山東町与布土にあるのをやまあそさんから教えていただきました。今日は与布土からその衣笠山に登り、そこから尾根を辿って粟鹿峰まで縦走するというものです。
 やまあそさんは3パターンの下山ルートを用意されているそうで、その一つの下山ポイントとなる當勝神社に私の車をデポし、OAPさんとの待ち合わせ場所である与布土温泉に向かいます。
 衣笠山は与布土温泉からは目と鼻の先で温泉の駐車場から目の前に見えています。が、やまああそさんも登山口を知らないといいます。山を見てとりあえず登山口があるだろうと思われるポイントに目星をつけて移動です。
 そのポイントに移動していると男性が散歩中で訪ねてみると直ぐそことのことで、大きく立派な看板が建っていました。
 やまあそさんによれば、地元の方々が衣笠山への登山道を整備され、西宮市立山東自然の家のプログラムにも組み込まれているそうです。準備を整えて9時丁度に出発です。
 畦道を歩いて鹿除けのゲートを通過すると道が二つに分かれています。左は尾根に、右は谷へ。3人とも尾根に出るに違いないと左を選択しましたが小さな祠が有り行き止まり。しかたなく分岐に戻って右へ進みます。分岐には標識が無く二人とも「不親切や!」とぶつぶつ・・・

写真 写真
「衣笠登山口には立派な標識」 「左のルートは行き止まりだった」

 分岐を右にとって谷を暫く進むと崩れた場所に丸太橋が掛けてあったり整備された痕跡が伺え、これが正規ルートと判明しました。
 更に登ると「衣笠山」の立派な標識が何でもないところに設置されていました。これには「安くて簡単なので良いからもう少し丁寧に案内表示してほしいな!」とOAPさん。やはり宍粟50名山の選定委員!
 登り始めてから15分で尾根に到着。左を見れば結構良い尾根、先程の行き止まりからそのまま尾根に登っても良かったようです。
 尾根を南にとるとナイロンテープが至る所に引いてあります。どうも小学生が登るから安全のために付けたのでしょうが目障りなことこの上有りません。
 初めて歩く尾根はとても良い雰囲気で、穏やかな尾根を進むと徐々に傾斜がきつくなってきました。汗かきのやまあそさんは「暑い〜!」と言っています。
 尾根を登りきると右から来る尾根と合流しました。やまあそさんによれば、衣笠山の点の記では三角点測量時は右からの尾根を登ってきたそうです。
 合流してから尾根は急になってきました。標高360mの所までくると視界が開け北側の山々を望むことができました。天気がいまいちなのが残念です。

写真 写真
「尾根に到着」 「与布土の集落を俯瞰する」

 登り始めて50分で衣笠山に到着、三等三角点が設置されています。頂上はそんなに広くはなく、登っていても城趾の雰囲気は有りません。しかし、これから辿る尾根の先に堀切の跡が2カ所あり「今日はこれが見れただけで満足!」とやまあそさん。
 衣笠山までは整備されているので問題有りませんが、これから先の尾根の状況は全く判らず薮漕ぎが必要かもしれないかと考えていましたが、低い笹薮が有るものの鹿が踏み跡を作ってくれているので全く問題なく歩くことができました。
 しばらくは殆どアップダウンが無い平坦な尾根で順調に歩いていけます。
 尾根を進んで少し穏やかになると右の谷から工事の音がしており、谷を覗き込むと木の間から工事現場が見えました。ダム建設の見直しに選ばれず建設が決定した与布土ダムの建設工事現場です。工事は26年3月まであるそうで、その間は与布土から粟鹿峰に登る正規ルートは閉鎖です。でも、本当にダムが必要なのでしょうか?
 見れば谷の道路は完全に工事現場となっています。これでやまあそさんの下山ルートの案の一つが消えました。

写真 写真
「衣笠山に到着」 「与布土ダムの工事現場」

 しばらく歩いていると前方に視界が開けてこの平坦な尾根が終わった後に標高差約200mを登らないといけないP602が目の前に聳えています。
 尾根を歩いているとたたみ1畳ほどの大きさの太陽光発電のパネルが2枚設置してあります。アンテナが取り付けてあり配線を見れば工事現場に向かっていますのでどうも携帯電話の補助アンテナのようです。
 衣笠山から平坦な尾根を30分でP602の裾に到着です。見れば右にソマ道が付いています。ピークを巻いている雰囲気を持っているのでやまあそさんがとても興味を示しています。でも、何処に行くのかも判らないのでピークに登ることにします。
 しかし、何と言う急な登りでしょうか! しかも、落ち葉の下は土が乾いていて滑りやすいこと滑りやすいこと。直登なんて無理なのでジグザグに登ります。
 この急な登りに何と20分掛かって到着です。地形図を見れば結構尖がったピークですが木々に囲まれていて眺望は有りませんでした。

写真 写真
「なかなか良い尾根歩き」 「P602への急な登り(結構きつい!)」

 P602からは暫く下りが続きます。
 ピークからの下りの尾根には幹の色が青い木がぎっしりと立っていました。見れば見るほど気持ちが悪くなってきそう・・・
 下りきるとそこは峠でした。古くから結構歩かれていたようで深くなっていました。こういう場所には石仏があるので少し探してみましたがありません。やまあそさんは残念そうです。
 ここから粟鹿峰まではひたすらの登りとなります。尾根を登っているとどうも古い道がジグザグに付いています。暫く登っているとはっきりと土塁が残っているので道と確信、しかしどうしてこんな所に付いているのでしょうか?謎です。
 この道でとても歩きやすくやまあそさんは「楽や〜」と言っています。でも徐々に尾根は急になり道も消えていきました。

写真 写真
「峠に到着」 「謎の道を辿る」

 植林帯のきつい登りを登りきり尾根は左方向へ進みます。尾根が緩くなってホッとしたのも束の間。又急な登りとなりました。
 その急な尾根を登っていると正面に大きな岩が聳えています。何と大きな岩でしょう!その岩の上に立ちたかったのですが、尾根の上から岩を見下ろすと円筒形の岩で登ること叶わずです。
 岩を通過して植林帯が終わるととても良い自然林の尾根になりました。左の斜面を見れば雪が残っています。でもこの自然林の尾根が今日一番の急登でした。

写真 写真
「大きな岩だ!」 「自然林の良い尾根になった(でもとっても急)」

 自然林の尾根を登りきって目に飛び込んできたのは正面の斜面に出来つつある赤土の道でした。現在も工事中、やまあそさんによればこの道は黒川ダムの周遊路に繋がる観光道路になるそうです。
 ここまで来れば粟鹿峰は直ぐそこですがまだピークは見えません。
 緩やかな尾根を辿って工事現場に到着。見れば道路は雪解け水でドロドロ。当初やまあそさんはこの道を左にとって北から南に伸びる尾根を登る予定だったそうですが、こんな道を歩くのは3人とも嫌なので道路を渡って正面の尾根を登ることにしました。

写真 写真
「観光道路の工事現場を通過」 「道路を渡って・・・」

 さて、いよいよ最後の登りです。この尾根を登りきれば正面に粟鹿峰が見えるはずです。
 尾根に取り付いたもののまたこれが笹の結構急な登りで足に堪えます。何故か崩れた鹿避けネットが尾根上にありストックが引っ掛かったりして結構時間を食ってしまいました。
 尾根を登りきり暫く進むと正面にガスに包まれた粟鹿峰が見えました。残雪が多く下から吹き上げてくる風がガスを沸かせているようです。
 登り始めは暑い厚いといっていた気温も今では6度ほど。風を考慮すれば体感温度はもっと低くなります。
 粟鹿峰頂上で食事をとも考えていましたがあのガスでは寒くてだめなので、風を避けて食事をとることにします。時刻は12時をほんの少し回ったところです。
 P602でとった休憩以来の落ち着く時間にホッとしました。

写真 写真
「笹の尾根を登る」 「やっと粟鹿峰が見えた」

 30分の休憩を終えて粟鹿峰頂上を目指します。
 枯れて倒れた萱の尾根を10分登って粟鹿峰に到着です。
 粟鹿峰は標高962m、登山口の標高が156mなので何と標高差は906mを登ってきました。この標高差は白馬尻から大雪渓を辿って葱平まで登ったことに匹敵します。まぁ凄い!
 粟鹿峰に立ったのは随分と前で由李子と二人で与布土からの正規ルートで登りました。そのルートがダムで閉鎖されているのは哀しいことです。

写真 写真
「萱の尾根を登る」 「粟鹿峰頂上に到着」

 さてこれからどうするかですが、既に時刻は13時になろうとしています。もう一つのルートは粟鹿峰から黒川ダムに伸びる分水嶺を辿り坂根に下山するルートでしたが時間的に無理なので最後のルートを辿ることにします。
 最後のルートはNTTの管理道路を暫く下って途中から西宮市立山東自然の家からの正規ルートを下るルートです。
 残雪の残る管理道路を30分ほど下ると「展望台ながめがいいよ!」と書いた標識から登山道に入ります。
 「眺めがいいから展望台に行ってみたら?」とやまあそさんに促されて行ってみるとコンクリート造りの展望台がありました。錆びた梯子を登って展望台に立ちましたがたが眺めはなし!昔はあったのでしょうが今では木々に邪魔をされています。戻って登山道を下ります。
 自然の家の登山プログラムに使われているので登山道は良く歩かれています。 

写真 写真
「管理道路から登山道へ」 「正規ルートを下る」

 頂上から下り始めて40分ほどで林道に到着、この林道を辿ればあのドロドロ林道に繋がっているのです。
 林道を渡って再び登山道に入って30分で登山口に到着、時刻は14時10分。
 この後アスファルト道路を歩いて私の車をデポしておいた當勝神社には14時25分に到着です。

写真 写真
「林道から粟鹿峰を見上げる」 「登山口に到着」

 今回は標高差906mという殆ど上り調子の山歩きでしたが、結構良い尾根で随分と楽しむことが出来ました。やまあそさん、OAPさん有難うございました。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル