岡山県奈義町 広戸仙

写真

山 行 日 程 2011年4月30日(日)
天   候 曇りのち晴れ
同 行 者 OAPさん

 今日は岡山県奈義町の広戸仙(爪ヶ城)にOAPさんと登ってきました。
 広戸仙は那岐連山の西端に位置しており、私は滝山と那岐山には登ったことがありますが、広戸仙に登るのは初めてです。
 一番の理想は、広戸仙〜滝山〜那岐山と縦走するのが望ましいですが、車が2台必要となります。ですから、広戸仙を周回するコースで登ることにしました。
 広戸仙の登山口である声ヶ乢に到着すると6台ほどおける駐車スペースは満車でしたので、少し下にあるお茶屋さんに車を停めさせていただくことにしました。準備を整えて9時38分に出発です。
 アスファルトを少し歩いて峠にある広戸仙登山口がスタート地点となります。
 登山道は整備されていて階段が設置してあります。どこの山の階段もそうですが、多くの人が歩幅や段差が合わないので階段横にしっかりとした踏み跡が付いています。
 登り始めて12分で「けやき谷」との看板がありました。登山道の右に谷がありますが見れば殆どがケヤキで名前の由来となっていると思われます。

写真 写真
「広戸仙登山口」 「けやき谷」

 暫く登っていると登山道も緩やかになり歩きやすくなりました。途中、西を見れば頂上に電波塔が設置してある山形仙が見えました。
 つづら折れの登山道を登ると第1展望所に到着、女性が2人休憩をされていますので通過することにしました。
 登り始めてから50分で主尾根に到着、広戸仙は尾根を右に進みますが少し左に行くと第2展望所があるので行ってみることにしました。行ってみると先程までは山形仙を見上げていましたが、ここは山形仙よりも高い位置になっています。

写真 写真
「主尾根に到着」 「第2展望所」

写真
「第2展望所から山形仙」

 休憩所には登山コースの掲示板が建ててありぐるっと周回する「ふるさとコース」が説明してありました。見ればここは西廻り入口で、広戸仙を時計回りにトラバースするコースとなっており合計7つの滝があるようです。でも、4〜5時間のコースと明示してあり、また、終点の東廻り入口からは広戸仙への登りが待っています。歩くのには問題ないコースですが、今日はゆっくり出発したので既に時刻は10時を回っています。「ふるさとコース」は次回利用することにして広戸仙に真っ直ぐ登ることにしました。
 穏やかな尾根を登っていると周りの木々が少なくなってきました。そうすると今まで感じなかった風が急に南の方向から吹き上げてきました。それも結構な強風です。
 しばらく登ると視界が南方向に開けて「日本原高原」を俯瞰することができました。でも、今日の天候はあまり良くないので霞んでしまっています。

写真 写真
「ふるさとコースの説明板」 「日本原高原を俯瞰する」

 穏やかな尾根を登っていると分岐に到着、左方向は展望台、右が登山道となっています。見晴らしがよさそうなので展望台に行ってみると岩の上が展望台になっていました。
 岩に立って北東を見ると広戸仙が雄大に聳えています。標高が高いためまだ新芽が吹いていないので新緑の山肌はもう少し時間がかかるでしょう。
 目を北西の方向に目を向けてみると遥か向こうに雪を被った大きな山塊が見えています。その時ははっきりと確定できませんでしたが、後にカシミールで確認すると「恩原三国山」でした。

写真 写真
「分岐を左に展望台へ」 「新緑まだ早い広戸仙」

 展望台を後にして登山道に戻りしばらく下ると高原を見下ろす展望所に到着しました。でも、風がとても強いので櫓には上がらず先に進むことにしました。
 展望台から少し進むと三角点が目に飛び込んできました。三等三角点点名「爪ケ城」(1075.5m)で、何の変哲もない場所に設置してあります。そういえば那岐山もその頂上に三角点は無く、少し下の展望台の所に三等三角点点名「名義山」が設置してあります。「ここが丁度三角形の点だったんやな」とOAPさんがポツリ。ちょっと融通をきかしてピークに設置してみも良いのにと思いました。この場所昔山城があった場所だそうで「詰ヶ城」と言ったそうです。
 いったんコルに下ってちょっとした急な登りを登ると後は平坦な尾根が続きます。そして頂上に近くなると再び急な登りになり、必要のない鎖場を通過し右側の岩場に上がるとそこが広戸仙頂上、時刻は11時21分。三角点はありません。
 頂上は木々に囲まれていて眺望は今ひとつ。少し東に歩いていってみると、滝山と那岐山を見ることができました。

写真 写真
「広戸仙頂上に到着」(1115m) 「手前に滝山、後ろに那岐山」

 1時間の休憩を終えて下山に取り掛かります。
 下山のコースですが、三等三角点点名「爪ケ城」のあった展望所の左側に下山ルートがあります。この下山ルートはよく歩かれていてかなり窪んでます。この道は遥か昔から使われていたものに違いありません。
 しばらくは木々の中を下山していましたが、東の斜面に出ると正面に滝山と那岐山をに見ることができました。
 どんどん下って暗部に到着すると分岐の標識があります。でも右方向への標識には進入禁止と書かれています。OAPさんによると昔は岩のあるコースがあったそうですが、結構崩れて危ないからと今は禁止されているそうです。
 鞍部を登り返すと標識があり、「矢櫃城跡」とあり、「標高910mで、県下で一番高い場所にあった山城」と書かれています。でもまてよ、詰ヶ城は標高1075.5mで矢櫃城より高いのにどういうことなんでしょう?まぁどうでも良いですが。先を急ぎましょう。

写真 写真
「正面に滝山と那岐山」 「分岐に到着」

 矢櫃城の説明板を通過して下ると先ほどの通行禁止となったルートの出口の分岐に到着いました。そこからの下山ルートは穏やかで雰囲気も良くとても良いルートでした。
 尾根を下山すると甲山にに到着。そこには祠後があり、昔甲神社があったそうですが今は麓に降ろされているそうです。
 甲神社を過ぎると斜面をつづら折れに下り登山口に下山しました。
 この後アスファルト道路を40分歩いて駐車地に到着、時刻は14時10分でした。

写真 写真
「とても良い雰囲気の中を下山する」 「登山口に下山」

 今回は標高差700m、歩行距離12.6km長丁場の山歩きでしたが、結構良い尾根で随分と楽しむことが出来ました。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル