扇ノ山

写真

山 行 日 程 2011年5月8日(日)
天   候 晴れ
同 行 者 単独

 今日は扇ノ山へ今シーズン最後のスキーに行ってきました。
 4月10日にOAPさんと鳥取県八頭町姫路からスノーシューで登った時、雪の豊富さに驚き次回は山スキーをしに来たいと思っていました。
 どこから登るかですが、姫路からのコースは登りが結構きつく下りの滑走が殆ど林道になってしまいますので体力を使う割にはメリットが有りません。そこで、上山高原から登ることにしました。上山高原までの除雪がされればアプローチが楽だし、あの穏やかで広いピステを存分に楽しめるでしょう。
 新温泉町にメイルで問い合わせすると「積雪が多く除雪が遅れており、5月1日の山開きに合わせて行います」との返事をもらったので、ゴールデンウィーク後半に行こうと考え、今日となったわけです。
 早朝自宅を出発し、舞鶴若桜自動車道、北近畿豊岡自動車道を利用し上山高原に8時30分に到着。いつもの通り高原の終点が除雪完了地点となっていました。準備を整えて9時丁度に出発です。
 今日の天気はイマイチで、うっすらとガスが立ち込めています。除雪完了地点から小ズッコ登山口までの道路はところどころアスファルトが出ていますが、殆ど板を付けて歩くことができました。50分で小ズッコ登山口に到着です。
 最初の取り付きの50mほどは雪がなかったので板を外しましたが、直ぐに一面雪で覆われたので板をつけての登りとなりました。シールのグリップが良く順調に登っていけます。
 登るにつれて霧には濃くなり辺りは幻想的な雰囲気です。

写真
「ガスでとても幻想的だ」

 天候は回復兆しのようですが中々お日様は顔を出してはくれません。
 大ズッコの大下りを下り頂上に向けての登に差し掛かるとガスが徐々に薄れているようです。もう少し時間がたてばお日様が顔を出してくれそうです。
 最後の登りをクリアすると目の前に小屋が見えてきました。小屋に近づくと小屋の手前にある木のゲートが雪から頭を出していました。
 小屋の周りの積雪は1m程度、1ヶ月で2mほど融けたようです。登山口から1時間30分で到着です。
 小屋に入って昼食休憩します。河合谷方面からテレマークスキーで来られた3名が休憩されていました。年齢的には60代後半から70代前半のようです。
 天候が回復して眺望が出てきました。でも、氷ノ山は薄くガスが掛かっていてはっきりと見えません。

写真
「頂上への登り。ガスが徐々に薄くなる」

写真 写真
「小屋が見えた」 「頂上に到着」

写真
「小屋の2階から西の方向」

 無線をするも空振り、休憩を終えて下山に掛ります。
 実は先月登った時、西に延びる尾根、南に延びる尾根がとても良いピステだったので滑りたかったのですが、積雪量が大幅に少なくなってしまったので一面の雪原だったのに木々がところどころ起きています。滑れば登り返しが有りますからまたの機会にして下山することにしました。
 ここにきて天候が回復、青が丸や仏ノ尾が良く見えています。でも、氷ノ山は薄くてはっきり見えてはいません。
 12時30分に下山開始、滑るので一気に下って行きます。でも、ブナの枝が罠になっていて、緩い罠であれば引き外してしまえますが、しっかりとした罠に引っかかるとコケテしまいます。また、起き上ったぶなの枝が行く手を狭めているのでコース取りが難しい・・・
 上地への分岐の鞍部までは順調に滑走。でも、大ズッコへの登りが待っています。最初は板を持って登ってましたが、どうも歩きにくい。そこでシールを張って板を付けて登るととても楽ちん!
 大ズッコからの滑走も順調でしたが、やはり雪から起きた枝が行く手を阻んだり、罠が有ったり、傾斜が緩くなったりとスイスイ滑走とは行きません。でも、歩きよりはとても早く下ることができました。
 順調に下って小ズッコ登山口には13時30分に到着。この後林道を滑って下って14時に上山高原に到着です。
 途中15分ほどゆっくりと景色を楽しんだりもしたので、実質の下山時間は1時間から1時間10分といったところでしょうか。やはりテレマークスキーは行動範囲を広げるツールで、スノーシューと組み合わせればかなり行動範囲が広くなると実感しました。

写真
「下山途中に仏の尾が見え、仏の尾の右奥には鉢伏山」

写真
「ぶなが美しい」

写真 写真

Home

メイル