後立山稜線

写真
                                                  白馬岳頂上から

山 行 日 程 2011年8月4日(木)〜6日(土)
天   候 第1日目 曇り
第2日目 快晴後ガス
第3日目 晴れ後雨
同 行 者 由李子

 第3日目

 昨日の夕方から落ち始めた雨は本降りというわけでもなくパラパラとフライシートを叩く弱い雨で、昨日と同じく早朝空に帰って行きました。
 辺りがまだ真っ暗な4時前からテントを撤収する音があちこちから聞こえてきます。皆さん今日はどちらに向かわれるのでしょうか。
 十分な睡眠をとった由李子が起きると朝食を済ませテントを撤収。テン場を後にします。時刻は6時10分。
 テン場から稜線に出ると薄く雲が掛かっています。辺りにガスはありませんが、霞んでいるので遠望は効きそうにありません。
 稜線に出て15分歩きますと日本で一番古い山小屋である白馬山荘に到着です。
 なんという沢山の人でしょうか!殆どが中高年で若い人は皆無・・・
 小屋から白馬岳頂上を目指してザレた登山道を登っていきます。15分で頂上に到着です。

写真 写真
「白馬山荘に向けて登る」 「白馬岳頂上に到着」

 後立山連峰はガスが掛かっており見えるのは白馬鑓ヶ岳まで。唐松岳も濃いガスが掛かっています。立山連峰はというと黒部峡谷に雲海が掛かって上昇しており見ることができません。
 ところが、南東の遥か先を見ると何と富士山が薄く見えています。その左には八ヶ岳、右には南アルプスが見え、北岳もはっきり見えています。

写真
「富士山の左に八ヶ岳、右に少し離れて鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳」

 先ほど白馬山荘で買ってきたビールと缶チューハイで乾杯して下山に掛かります。ここからはほとんど下りです。
 ザレた登山道をしばらく下るとコマクサが沢山咲いています。ここはコマクサの群生でとても有名なところです。
 頂上から30分で三国境に到着です。 

写真 写真
「白馬岳を後にする」
(正面右に小蓮華山)
「三国境に到着」

 沢山の人が休憩していますが、未だ出発したばかりなので通過します。
 実は白馬岳からは下りばかりだと思っていましたが、良くよく考えてみると三国境から小蓮華山へは登りでした。白馬岳から見た小蓮華山は直ぐそこに見えましたがそこそこ距離があります。
 小蓮華山に向かって登っていると信州側からガスが沸いてきます。それもどんどん沸いてきます。視界がとても悪くなるというわけではありませんが景色は全く見えません。
 白馬岳から1時間で小蓮華山に到着です。ここも沢山の人が休憩しています。数年前、三角点が陥没したため周辺のの立ち入りが規制されているので休憩する場所は殆どありません。そのため登山道まで人があふれています。ここで休憩するつもりでしたが通過することにしました。
 小蓮華山から下っていると信州側からのガスが雨に変わってきました。悩ましい霧雨で雨具を着ようかどうしようか迷いましたが着ることにしました。これからハイマツ帯に入るのでズボンを濡らさないのも理由です。
 しばらく下っていくと雷鳥坂にやってきました。こんな天気ですから雷鳥に遭遇しないかと期待しましたが現われてはくれませんでした。
 ハイマツの中を下っていると高山植物が増えてきました、ここのお花畑は屈指です。ハクサンコザクラやチングルマ、コイワカガミ、ハクサンイチゲなど沢山の高山植物を見ることができます。
 お花畑を見ながら歩いて白馬大池山荘に到着です。時刻は9時15分。

写真 写真
「小蓮華山への登り」 「白馬大池山荘に到着」

 朝食が簡単なものだったのでここで昼食にしました。
 ラーメンを作っていると雨がどんどん強くなって本降りになってしまいました。運よく人が少ないときに到着したので、小屋の入り口の庇の下にある二人掛け用のベンチを利用することができました。食事を取っていると人がどんどん到着し辺り一面人ひと人・・・
 ゆっくりと休憩して小降りになった頃を見計らって出発です。
 小屋から白馬乗鞍岳へは白馬大池の湖畔の安山岩の岩場を通ります。池をぐるっと周り込むので乗鞍岳は直ぐそこに見えていますが結構時間が掛かります。
 小屋から30分で乗鞍岳に到着。でも、ここにも沢山の人がケルンの周りに居るので通過することにします。

写真
「白馬大池の湖畔を歩く」(池の右奥は船越ノ頭)

 乗鞍岳は穏やかな山頂で、ピークからはほとんど高度を下げずに250mほど東に進みますと森林限界となります。そこから岩がゴロゴロした急な下りが始まります。
   少し下ると雪渓が出てきます。トラロープが設置してありますが、ドロドロなので使わないで注意しながら下っていきます。
 雪渓を通過すると安山岩の岩場となります。雨で濡れてはいますが、安山岩は表面が荒れているのですべる心配はありません。

写真 写真
「雪渓を下る」 「雪渓が終わると再び岩場」

 雪渓を渡り安山岩の岩場をしばらく下ると正面に天狗原が目に入ってきました。
 少し急な岩場の下りが終わると木々に囲まれたトンネルの中を進んでいきます。そのトンネルを抜けると小さな雪渓がありそれを渡って進むと木道になります。天狗原の入り口です。
 木道をほんの少し歩くと分岐になり左に進むと風吹大池を経由して蓮華温泉方面となります。分岐を右に進んでしばらく進むと天狗原の中心部に到着です。
 天狗原は池塘とナナカマドが点在する湿地帯で、夏の早時期からワタスゲが白い花穂を付けます。今回もそこかしこにワタスゲがあります。また、綿毛になったチングルマも沢山あります。
 雨振る天狗原も中々落ち着いていてとても良い雰囲気です。

写真 写真
「正面に天狗原が広がる」 「岩場が終わると木道となる」

写真
「天狗原」

 小道が終わると天狗原も終わりです。登山道は樹林帯の中に入りこの後は栂池自然園のビジターセンターに向けて下っていきます。
 雨がよく降っているので登山道は少し沢のようになっているところもあり、ぬかるんできました。滑らないように注意して下ります。
 順調に下ってビジターセンターに到着。時刻は12時13分でした。

写真 写真
「雨の中を下る」 「ビジターセンターに到着」

 由李子との恒例の夏山が終わりました。
 今回の目的である不帰嶮を快晴の中通過できたことに感謝です。


Home

メイル