氷ノ山

写真

山 行 日 程 2012年3月20日(火)
天  候 晴れのち曇り
同 行 者 I君

 職場の同僚のI君が雪の山に登ってみたいと言う。まだ登ったことがないというので、樹氷は諦めて天気が良い安定した時期と思い3月をと思っていた。
 ところが、年初からの「週末の天気が悪い巡り」のためなかなか実行できなかった。20日も朝は良いそうだが天気は下り坂のため頂上に立った時はガスの中かもしれないが、それでも登ってみたいと言うので決行することにした。
 朝6時30分に三田を出発し一路若桜氷ノ山スキー場に向かう。今回はお手軽にスキー場のリフトを利用して登ることにした。
 8時30分に駐車場に到着。準備を整えて9時少し前にリフトに乗車する。
 ゲレンデトップまでわずか10分で一気に高度を420mほど稼いで標高Ca1185mに立つ。
 快晴だが霞んでいて大山方向は山がはっきりしていない。

写真 写真
「リフトに乗車。ゲレンデトップまで500円」 「登山者が乗れるリフトは近畿では少ない」

写真
「ゲレンデトップから 左奥には霞かに大山、中央右正面に陣鉢山、その右奥は扇ノ山、青が丸、仏の尾」

 このリフトを使っての氷ノ山は一番お手軽ではじめてのI君にはもってこいの方法です。昨年戸倉峠からテレマークで三の丸に登ったときは実に4時間30分かかりましたから(^^;
 最初標高差190mほどは急な登りですが、それを登りきれば後は雪原の散歩となります。途中左を見れば今日歩くルートがはっきりと見えています。
 ゲレンデトップからわずか20分の登りで急な登りが完了し、一面の銀世界に突入です。

写真 写真
「慣れないスノーシューに手こずりながら登るI君」 「登りが終わればブナの回廊」

 ブナの回廊を抜けると一面雪原で360度のパノラマです。
 ところが天気が下りに向かっているらしく素晴らしい景色が徐々に悪くなっていきます。

写真
「気持ちよく雪原を歩く」

 三ノ丸を目指しながら雪原を歩いていると風も出てきました。遮るものの無い稜線は突風です!
 三ノ丸の頂上に立つ前に避難小屋に逃げ込みウィンドウブレーカーを着込みます。
 ウィンドウブレーカーを着ると風の影響がぐっと下がり歩くのもとても楽になりました。
 避難小屋からほんの少し歩いて三ノ丸に到着です。時刻は10時15分ゲレンデトップから僅か1時間でした。
 正面には扇ノ山が綺麗に見えています。

写真 写真
「いよいよ三ノ丸だ」
(赤い屋根は避難小屋)
「三ノ丸に到着」

 天気が心配なのでゆっくりしておれません。氷ノ山に向かいます。
 三ノ丸から氷ノ山の頂上、避難小屋が良く見えています。OAPさんがよく言われていることですが、見える山は結構近く早く着くと。
 三ノ丸から氷ノ山までは一旦下って登り返しますが、穏やかな尾根なので結構早く着くでしょう。
 一度下って登り返す細い尾根は、北風による雪庇が出来ています。でもそんなにせり出してはいませんし、ここの雪庇は踏み抜いても直ぐ止まります。

写真 写真
「氷ノ山に向けて出発」
(歩く稜線がよく判ります)
「氷ノ山も近くなった」

 氷ノ山の頂上に向かってちょっとしたピークを登り返すと再び下りとなります。このようにアップダウンはありますがそんなに標高差が激しくないので楽しい雪山歩きが楽しめます。
 鞍部を過ぎて最後の登りにかかったとき振り返ると三ノ丸までの雪原がきれいに見えました。私はその雪原の中に立っているブナの木々の風景が大好きです。

写真
「振り返ると綺麗なブナの木々の景色」

 氷ノ山の頂上は直ぐそこ、あと少しです。
 強風の中、無雪期であればチシマザサで覆われているため登山道しか歩けませんが積雪期は最短距離で進めます。
 一旦斜面に消えていた避難小屋が少しずつ頭を伸ばしてきました。いよいよ頂上です。
 ゲレンデトップから1時間40分で氷ノ山頂上に到着です。時刻は11時丁度。

写真 写真
「無雪期なら歩けない場所ですが・・・」 「氷ノ山頂上に到着」

 外は風が強く、また景色もあんまり良くないので小屋の中で食事をすることにしました。
 小屋の中には6人ほど、スキーヤーが2人、他は山家さんです。
 無線でやまあそさん、OAPさんを呼んでみるも空振りでした。
 小屋の中に響き渡る風の音を聞きながら45分ほどの休憩を終えて出発です。このとき何と気がつかなかったのですが、he8rouさんが私たちの半径5m以内に居られた模様、気がつかず残念!
 下山のコースは甑岩から氷ノ山越に下りスキー場に戻ります。下り始めると正面奥に植村直巳がこよなく愛したといわれる蘇武岳がうっすらと白く見えました。

写真 写真
「氷ノ山を出発」 「正面奥に蘇武岳」

 さて、今日一番の難関の甑岩にやってきました。この時期であれば雪も緩んでトラバースも楽勝と思っていましたが、先日来の雨で逆に締まってしまっていて雪が堅くスノーシューでのトラバースには危険な状況。一歩いっぽ確実にステップを固めてトラバースします。
 甑岩の東側のトラバースは結構急な斜面なので慣れていないと大変怖いと思います。だから、I君はとても慎重にトラバースしました。(初心者には厳しかったかも?)

写真 写真
「甑岩のトラバース」
(左後方は鉢伏山)
「甑岩を振り返る」

 甑岩を過ぎれば後は下るだけで楽勝、ただ所どころ危険な雪庇があるので注意が必要です。
 途中振り返るとさっきまで直ぐそこに見えていた氷ノ山の避難小屋が小さくなっていました。

写真 写真
「氷ノ山越に向けて尾根を歩く」 「頂上の避難小屋が小さくなってしまった」

 小屋を出発して1時間で氷ノ山越避難小屋に到着です。景色を楽しみながら下ったのでちょっと時間がかかりすぎてしまいました。
 この鞍部を西に向かってスキー場に戻りますが、ここからは杉林の中の急な斜面を下って行きます。
 スノーシューは普段の登山とは違う筋肉を使います。ですから慣れないととても疲れます。慣れている私でも下山した後は左の股関節が痛くなります。
 本格的なスノーシューでの登山をしたI君は結構足に来ている様です。そこでシリセードを勧めました。シリセードとはその名の通りお尻で滑って降ります。急斜面で無い限り安全で楽チンな下山方法です。
 所どころシリセードをしながら順調に下山します。

写真 写真
「氷ノ山越避難小屋に到着」 「シリセードで楽チンだぁ〜」

 ここに来て天候が回復、見上げると青空が見えています。そんな中気持ちよく下山します。
 この後雪で覆われた夏道を下って無事下山。スキー場に戻りながら歩いていると再び天候が悪くなり朝私たちが立ったゲレンデトップより上はガスに覆われてしまっていました。
 駐車場には14時50分に到着です。

写真 写真
「気持ち良く下山する」 「朝降り立ったゲレンデトップより上はガスの中」

 今日は天気が良いうちにメインの場所を歩くことが出来てとても良かった。
 I君満足してくれましたか?
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル