佐中の稜線から

写真

山 行 日 程 2012年4月15日(日)
天  候 晴れ
同 行 者 やまあそさん

 先週、やまあそさんは朝来市佐中の馬場山に登ったときに峠で石仏を見つけて舞い上がったそうです。でも、後で麓の人にその話をするとまだ峠は幾つかあるそうで峠に石仏があるのかどうか確かめに行くというので同行させてもらうことにしました。
 道の駅朝来に集合して佐嚢高原に向かいます。途中の佐中川沿いにはログハウス調の別荘が立ち並んでいました。
 先週やまあそさんが駐車したという『さなかしもはし』のスペースに今日も車を停めて準備を整えて8時40分に出発。今日は佐中川に沿って林道を暫く歩いた後「タキタニ」という谷を詰めて稜線に出るのだそうです。
 今日は大ムカデ退治で有名な俵藤太秀郷の子孫で進藤家の旧家である「千年家」の見学が出来るそうです。でも、今日のルートは結構長いので下山後に見学することにして林道を歩きます。 

写真 写真
「さなかしもはしに駐車して出発」 「藤原秀郷の子孫の千年家」

 林道を暫く歩くと佐中川に合流する谷の傍らに祠がありました。この祠は朝来町指定文化財の宝篋印塔(ほうきょういんとう)で建立は応永三十一年(1427年)、昔は石ヶ坪へ越える峠に有ったそうです。
 先に進むと広い伐採木の仮置き場があり、やまあそさんの話では日本土地山林(株)の所有だそうです。暫く進むとゲートがありこの林道から先は日林の所有のためチェーンがかかっていました。

写真 写真
「宝篋印塔に到着」
(やまあそさんの指先は峠道を指している)
「警告を無視して林道を進む」

 宝篋印塔を通過して暫く歩いていると、「ストックが無い!」とやまあそさんが声を発しました。どうも先ほどの宝篋印塔の写真を撮るのに夢中になり置き忘れたようです。
 やまあそさんが戻って来てから暫く歩いて橋を二つ渡ると右の植林の上に林道が見えました。本来ならもう暫く歩けば林道の入り口なんですが、斜面を登ってショートカットしました。
 林道はとても良い道で歩きやすく順調に高度を稼ぎました。、でも、終点手前の所は雨で大きく流されている所もありました。

写真 写真
「林道を暫く歩く」 「林道終点に到着」

 やまあそさんの計画では、谷を詰めて四等三角点「奥ヒナタ」(873.6m)の少し南の尾根に出る予定ですが、先を見ると沢の両サイドの斜面は急で、沢登りとなりそうです。当初の計画をやめて林道終点から西に走っている尾根ならここから取り付くことも可能です。
 沢を詰めてもし滝があればそこで今日は終わりとなってしまうでしょう。でも、当初の計画を実行することにしました。
 沢は水量も少なく、岩はゴロゴロで歩きやすい沢でした。沢を歩けないときは右岸左岸ともに鹿が道を付けてくれていますので巻くことも出来て順調に谷を詰めていきます。
 30分ほど詰めるとCa580付近にやってきました。ここから谷は北西の方向から南西の方向にほぼ90度方向を転換します。これを過ぎると谷からは抜け出すことが出来るような支尾根は無く、もし滝が出てきて高巻ができなければアウトです。
 このポイントからほぼ南に向けて支尾根があり今ならまだ間に合います。やまあそさんは「当初の計画は諦めよう・・・」といっています。そこで私がちょっと先を調査に行こうと提案し、少しだけ沢を詰めてみることにしました。
 Ca580からほんの10mほど進んでみると先に滝が見えました。直ぐそこなので見に行ってみることにしました。もし巻けなければ戻れば済むことです。
 滝の落差は二段合わせて20mほどでしょうか。

写真 写真
「順調に沢を詰めていく」 「二段滝」(マイナスイオン全開)

 さてこれからどうするかですが、少し滝の左岸を登ってみると高巻きできそうなルートが見つかったのでやまあそさんを呼び寄せます。高所恐怖症のやまあそさんはへっぴり腰・・・
 やまあそさんはドキドキだったそうですが、案外すんなりと高巻き出来て滝の上部に出ました。
 ところが、直ぐに二つ目の滝が出現です。この滝は落差が少なく、また傾斜も緩やかだったので簡単に滝の左岸を登っていくことが出来ました。
 その先の谷はとても良い風景が広がっていました。

写真 写真
「左岸を高巻きする」 「二つ目の滝」

写真
「谷の雰囲気はとても良かった」

 Ca580で方向を南西に向けてから30分ほど登り詰めると前方に松ノ木が立っている稜線が見えました。沢は二つに別れ、間に急な支尾根が出ています。水量はずいぶんと少なくなりましたがここからの沢は徐々に急になって行きます。
 そのまま左の沢に入ろうとするとやまあそさんは急な支尾根に取り付くという。当初の計画は?
 ここで二手に分かれて私は谷を、やまあそさんは支尾根を登ることにしました。
 しばらくは水が流れていましたが、その水も徐々に少なくなり、流れが無くなると谷は倒木などが多くなりました。
 目の前に尾根が見えて最後の登りとなったとき、下草の無い谷は滑りやすく不安定な足場で今日一番の難所だったかと思います。

写真 写真
「左の谷と真ん中の支尾根を登る」 「案外谷は登り易かったが最後に難所が」

 なんとか滑らないで尾根に出ることが出来ました。今日最初の目的地の四等三角点「奥ヒナタ」(873.6m)は直ぐそこで、尾根に出てからわずか5分で到着。時刻は11時30分丁度です。
 やまあそさんはまだ到着しておらず暫くすると姿が見えました。

写真 写真
「ようやく尾根に出る」 「四等三角点『奥ヒナタ』(873.6m)に到着」

 無線でOAPさんをコールするも空振り、でも福井県の三十三間山のIRCさん、DQKさんと繋がりました。あちらは雪がたっぷりあるそうです。
 45分ほどの休憩を終えていよいよメインの目的、佐中から北側の石ヶ坪、内山へと越える3つの峠を尾根伝いに巡ります。
 この尾根からはスリガ峯(大杉山)が見えますが木々が邪魔をしていて写真にはなりません。
 最初は急な尾根を下りますが、徐々に穏やかになってきました。木々が邪魔をして視界は良くありませんが、スリガ峯から目を右に向けると尾根の向こうに御祓山が見えています。また遥か遠くには雪を被った蘇武岳が見えています。

写真 写真
「奥ヒナタからの尾根は自然林でよい尾根が続く」 「遥か遠くに蘇武岳」

 P694から順調にに尾根を下って登り返すと三等三角点「町」(697.6m)に到着。地形図ではここから北方向に点線が付いていますが確認しても道らしきものはありませんでした。
 三角点からほんの少し歩くと北方向に視界が開けて良い景色を見ることが出来ました。

写真
「県道70号線を中心に俯瞰する(中央右に大徳山、右に建屋山」)

 穏やかな天気の中穏やかな尾根を歩いていると、尾根上に道らしき踏跡があることに二人ともそれとなく気が付きました。
 最初はあまり明瞭ではなかったのですが、進んでいくうちにはっきりとした道になりましたがいったい何の道なのでしょうか?(後日やまあそさんから佐中の深高寺(但馬西国の24番)から能座の円通寺(但馬西国の25番)へ続く巡礼路だったのではないかと教えてもらいました。)

写真 写真
「穏やかな尾根を歩く」 「はっきりとした道になってきた」

 その道を辿っていくと第1番目の峠にやってきた。
 「先に行かんといて〜」とやまあそさんが先を行っていた私に声を掛けます。石仏マニアなので自分で見つけて誰よりも一番に見たいようです。
 峠に降り立つと石仏はしっかりと鎮座していました。

写真 写真
「峠に降り立つ」 「長四郎」
「石がつぼ」

 さて次に行きましょう。
 先ほどからの尾根に付いていた道はこの峠から先にも明瞭に付いていました。
 明瞭な道はとても歩きやすく20分ほどで第2の峠に到着です。ところが石仏が見当たりません。台座はあるのですが・・・
 ありました!後に倒れているのを発見、せっかくなので起こしてあげます。

写真 写真
「第2の峠に到着」 「ヲノ上 松下仁兵ヱ」
「明治二六巳七月日」

 さて最後の峠です。最後の峠はやまあそさんが既に歩かれているので安心です。
 気持ちの良い尾根を順調に歩いて峠から15分ほどで三等三角点「長野」(542.9m)に到着です。
 時刻も迫っているので先を急ぎます。

写真 写真
「穏やかな良い尾根」 「三等三角点『長野』(542.9m)」

 三等三角点「長野」から下ることわずか10分で内山坂に到着。峠の間隔は15分、25分と近く尾根に出てどれを越えるか選択肢は色々あった様に思えます。
 石仏は林道の傍らの杉の根元にありました。やまあそさんのレポートでは、「あれ?干支がちょっとおかしい。明治二年は『巳』のはず。」とあります。私はそのことから、明治に入って2番目の辰年、つまり明治十二年ではないかと・・・

写真 写真
「内山坂に到着」 「七月建ル」
「明治二辰」

 さて、いよいよ下山です。が、前回やまあそさんは地形図の点線で登るつもりがちょっとした間違いで点線から外れてしまったそうです。そこで、今回は点線を下ることにしました。
 最初は順調に鹿道を下っていってましたが、この点線は既に廃道となってしまっており、しかも谷には杉の間伐材が放置してあるため下ること不可能に近い。しかし突入してしまった以上下るしかありません。山育ちの私は難無く下っていきますが都会育ちのやまあそさんは辛そう・・・
 この下りに何と30分も掛かってしまいました。駐車地には15時丁度に到着です。

写真 写真
「悪戦苦闘のやまあそさん」 「無事下山」

 今日は山のピークを目指す山登りではありませんでしたが、沢を詰めたり、峠の石仏を全て見ることが出来たりととても思い出深い山行になりました。やまあそさんに感謝です。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル