養父市 建屋山

写真

山 行 日 程 2012年4月29日(日)
天  候 晴れ
同 行 者 YSさん、Kさん、ともみちゃん、やまあそさん

 2週間前にやまあそさんと二人で佐嚢高原の佐中の三つの峠巡りをしました。そのとき北に展望が開けたときに見えた建屋山に今回誘っていただきました。
 建屋山は二等三角点が設置されているので「二等三角点ハンター」のYSさんは当然参加、そしていつものともみちゃんとローカルボーイのともみちゃんの二従姉弟であるKさんの5名です。
 待ち合わせ場所に大幅に遅れてしまい、やまあそさんが当初から計画していたスタート地点である、石ヶ堂古代村に集合変更してもらいました。
 準備を整えて9時25分に出発です。
 古代村にはコテージとか宿泊施設が完備してあり、そのため建屋山には向かいませんがちょっとしたハイキングコースも設定してあります。今回途中まではそのハイキングコースを使います。
 ハイキングコースなのでせいビア良く行き届いており木の階段も設置して有ります。普通なら歩幅が合わないので階段横を歩きますが、ここは程よい間隔なので歩きやすく感じました。
 暫く登っていくと目の前に大きな岩が出てきました。「オオカミ岩」だそうで、動物のオオカミではなく大神だそうです。振り返ると良い景色ですがもう少し登ればもっと良い景色になるでしょう。

写真 写真
「古代村管理棟前の登山口」 「オオカミ岩に立つ!」

 登っていくと結構岩の尾根になってきました。それぞれ名前が付いており、「勾玉岩」だとか、「鏡岩」、「大、中、小テング」とかで、登っている尾根の南側の尾根にある岩の名前の標識も設置してありました。
 「勾玉岩」などは何処にあるのだろうと尾根の先まで行ってみましたがそれらしきものは全くありませんでした。
 「小テング岩」を左に巻くとそこには長いアルミ梯子が掛けてあって、「小テング岩」の左を登っていくことになっています。
 長い梯子を登りきるとそこからの眺めは絶景でした。

写真 写真
「沢山の岩を見ながら登ります」 「アルミ梯子を登る」

写真
「左端の雑木のピークは点名『奥ヒナタ』、中央に『カカナベ峠』、その右に『御祓山』、右端奥は『但馬妙見山』」

 「小テグ岩」から少し歩くと登山道は尾根から外れて水平にトラバースしていきます。やまあそさんが先を見に行くとどうもどんどん尾根から外れているようです。ここから登山道ではなく尾根に取り付くことにしました。(白いビニール紐で通せんぼしてありました)
 ここから尾根は少し藪っぽくなってきました。尾根から少し外れた斜面を登るほうが藪が無く、また鹿が道を作っているので歩きやすくなっています。
 Ca550付近になると一旦尾根は穏やかになり藪も無くなり尾とても歩きやすくなりました。

写真 写真
「尾根の少し外れたところを歩く」 「尾根は一旦穏やかになる。が・・・」

 しばらくは穏やかなのぼりの尾根でしたが、やまあそさんが心配している本日の急登にやってきました。今日のメンバーで体力の無いメンバーが一人いて、付いて来ているのか休んでいるのか判らず、声を掛けてもしんどいからか返事も有りません。
 待っていると体が鈍るので登ることにします。頂上は直ぐそこなので頂上で待つことにします。
 120mの登りを終えると前方に開けたピークが見えてきました。二等三角点の建屋山頂上に到着です。時刻は12時10分。
 日差しが強く日陰が無いのでとても暑いです。登りはじめの気温は26度ほどでしたが、ピーク時は29度ととんでもない暑さでした。

写真 写真
「建屋山手前の急登」 「建屋山頂上に到着」

 皆がそろったところで過ぎの木下の日陰で昼食休憩です。
 今日IRCさん、DQKさんと無線で繋がりました。お二人は扇ノ山だそうで、まだ雪はたっぷりあるとのことで、しかし、その分人も沢山だそうです。今年最後の山スキーに行く予定をしていましたがどうも行けそうに無いのが残念です。OAPさんを呼ぶものの今日も空振りでした。
 40分ほどの休憩を終えて出発です。今日は建屋山頂上から板に延びる尾根を伝って船谷の集落に下山します。

写真 写真
「中々良い雰囲気の尾根」 「花もあり」

 順調良く歩いていると左が開けた場所にやってきました。本来ならば氷ノ山や藤無山が見えるはずですが黄砂でかすんでしまってはっきりと見えないのがとても残念でした。
 頂上から1時間ほど下るとちょっとしたピークにやってきました。このピークほぼ円形状でほぼフラットなピークです。新しい四等三角点が設置してありました。その昔何かあってもおかしくないような場所です・・・
 このピークから90度左に方向を変えて行きます。少し下ると何と前方に庭園のような場所があるではありませんか!
   やまあそさん曰く、「昔お寺があったかもしれん」のだそうで、良く見れば地形がそのような感じにも見えてきます。

写真 写真
「フラットなピークの点名『毛坂』」 「なんかマチュピチュみたいな雰囲気」

 ところがその遺跡のような場所へは急な下り坂が続いています。このような場合、私は滑らないようにと気を使わず、小又走りで下るのがベストと思っています。
 下りに苦労している一人のメンバーを皆がサポートしています。なんという友愛精神でしょう!冬山なら全滅です・・・

写真
「遺跡に立つとこんな感じ」(笹でなければ良いのに・・・)

 さていよいよ終盤にやってきました。地形図を見ますとこの先の鞍部に点線が付いています。昔の峠道らしいのでそれを辿ってみることにしました。でも、二週間前の悪夢が再び襲うかも?
 鞍部に到着するも峠道の踏み跡は全く見当たりません。まさか二週間前と同じ・・・

写真 写真
「柵伝いに鞍部に下る」 「植林の谷を下る」

 谷に足を踏み入れたときホッとしました。というのも下りやすい植林帯だったのですから。ところが、またまた体力の無い人が「滑りそうで怖い・・・」と半べそをかいています。ゆっくり歩いていると「ヤマビル」に取り付かれてしまいます。
 そういっていると、Kさんがともみちゃんに「動くな!」と言っています。見ればスパッツにヤマビルがクネクネしていました。
 谷を下っていくと左の斜面に道らしきものがうっすらと見えてきました。GPSで確認すると地形図の点線上を歩いています。どうも峠道らしいようです。

写真 写真
「恐ろしいヤマビル」 「峠道に合流」

 その峠道を辿っていくと沢に出て、沢をこると林道に出ました。時刻は15時20分です。
 そして、林道に出た正面には沢が有って、その落ち口は風呂桶のようになっていました。
 この後林道を歩いて駐車地には16時丁度に到着です。

写真 写真
「林道に出る」 「綺麗な沢」

 今日は二週間前に見た山に登れ、また二週間前に歩いた尾根や眺望の良い眺めを堪能できて良い山行でした。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル