宍粟市 竹呂山

写真
一山から(竹呂山から三室山の尾根)

山 行 日 程 2012年5月13日(日)
天  候 晴れ
同 行 者 やまあそさん

 宍粟市千種町川井と波賀町原を繋ぐ峠である「カンカケ越」は地形図にしっかりと記載してありますのでみなさん良くご存知のことです。ところが、やまあそさんの話によりますと、千種からカンカケ越を越えると波賀町の八丈川(はっちょがわ)に出ますが更に赤西川に越える峠があったというのです。そこで確かめにいくと言うので同行させてもらいました。
 千種は昔たたら製鉄が盛んで、千種中学校では3年生が卒業記念にたたら実習をしているほどです。千種町と波賀町のあいだにある山は砂鉄を採掘した痕跡がいたるところにあります。その仕事に従事した人々が千種と波賀町を行き来していた訳です。
 波賀町の八丈川を遡ってカンカケ越に分岐する場所に駐車して9時40分に出発です。
 八丈川を渡って赤西川方面に越える峠を目指します。

写真 写真
「カンカケ越への分岐に駐車して出発」 「八丈川を渡って左岸の斜面を登る」

 辺り一帯が砂鉄の採掘跡なので地形が一定でなく「峠道」は全く判らない・・・。兎に角赤西側方面に越える最低鞍部を目指します。
 暫く登っていると峠道のようなトラバース路が出てきました。鹿道ではなく幅が1mほどあります。峠道かもしれないので辿ってみることにしました。

写真 写真
「砂鉄採掘跡地を登っていく」 「峠道のようなトラバース路」

 その道を歩いていると尾根に出ました。峠のような雰囲気ですが、峠ではなさそうです。やまあそさんはもう少し先が峠だと言っています。
 尾根に出てから少しあるくとはっきりとした切通しに降り立ちました。立ってみると峠のようです。東方面(赤西側方面)に少し歩いてみますと幅の広い道のようなものが続いていて、古の古道の雰囲気はありませんでした。しかし、峠には間違いなさそうです。
 砂鉄の採掘の為に辺り一面が凸凹の不整地なので辺り一面が峠道に見えてしまいます。
 今日の一つ目の目的を果たし竹呂山に向かいます。
 峠の切通しから急な斜面を登りきると再び穏やかな尾根になりました。歩いているとどうも水路のようなものが延々と続いています。やまあそさん曰く『鉄穴(かんな)流しの水路』だそうです。昔は八丈川の上流から水路で水を引いて流していたそうです。

写真 写真
「峠に降り立つ」 「カーブした水路を歩く」

 杉林の尾根を歩いていると目の前が明るくなってきました。杉の植林帯を抜けると広い更地に出ました。なんという景色でしょうか!
 そんなに日差しもきつくないので山を見ながら少し休憩しました。
 10分ほどの休憩を終えて再出発してほんの少し斜面を登って振り返るとなんのこれまた絶景!

写真
「左から三室山、正面に赤西山 その右に少し見えているのが波佐利山」

写真
「左から三久安山、阿舎利山、一山に東山、尾根の向こうにうっすらと千町ヶ峰に平石山」

 いつまでも見ていたいのですが既に時刻は11時を回っていますので先を急ぎます。
 碧一色のカエデの林の中を抜けるとミズナラが少しずつ出てきました。しかしなんという急登でしょうか、心臓はバクバクです。

写真 写真
「綺麗なカエデの緑の中を抜ける」 「今度はミズナラの緑の中を登る」

 その心臓破りの中を耐えて登っていくと急な尾根は徐々に緩やかさを取り戻しました。が、ほっとしたのも束の間、再び急登です。ところが・・・
 斜面が急になってくると辺り一面ブナです。なんという綺麗なブナ尾根でしょうか!
 ここのブナは大きくて太いのに木肌がとても綺麗です。

写真 写真
「周りはブナ一色」 「立派なブナ」

 出発してから丁度2時間でカンカケ越からの正規ルートに合流です。
 ここから竹呂山の頂上は直ぐそこです。ところが久しぶりにこの尾根を登りに使うと「こんなに頂上は遠かったか?」と思うほどでした。
 正規ルートに合流して10分(このわずかな時間が遠かった!)で竹呂山頂上に到着です。だ〜れもいません・・・
 時刻は丁度12時、昼食休憩です。

写真 写真
「正規ルートに合流」 「竹呂山に到着」

 静かな頂上で30分ほど休憩して出発です。
 今日はカンカンケ越に下山して林道は歩かないで、途中から東の伸びる尾根を下るそうで、やまあそさんも初めてのルートだそうです。
 しばらくはブナはありませんが、合流地点から暫く下っていくと再び左の斜面にブナが現れます。
 暫く下っていると大きなブナが根元付近から倒れていました。ブナの寿命はいったい何年なのでしょうか?このブナは寿命だったのか、虫か菌にやられたのでしょうか?
 その倒れたブナを過ぎると例のミズナラの森です。やまあそさんはここがとてもお気に入りだそうです。

写真 写真
「倒れてそんなに時は経っていないよう」 「やまあそさんお気に入りの斜面」

 ブナの森を抜けて暫く歩いていると左に綺麗な谷があります。すると、「今日は花が無かったなぁ・・・」とやまあそさんが呟きましたので、「ひょっとしたらこの谷を下れば例の花があるかもしれないよ〜」と声を掛けるとこの谷を下ることになりました。さて花はあるのでしょうか?
 暫く下るも花は見当たりません。するとやまあそさんがギンリョウソウを見つけてくれました。

写真 写真
「谷を下る」 「ギンリョウソウ」

 下っていくと谷は細くなり両斜面ともに杉の植林となりました。こういう所にはあれが咲いているはずでなので期待してどんどん下っていきます。
 ところが下れども下れども花は見当たりません・・・
 そうこうしているうちに林道に出てしまいました。時刻は13時45分。
 残念ながら花はありませんでした。この後林道を歩いて駐車地に14時に到着です。

写真 写真
「杉林の谷になる」 「林道に到着」

 今日、花はありませんでしたがとても良い緑を見ることが出来てとても良かった。
 今日歩いたトラックです。

地図

Home

メイル