宍粟市 赤西山

写真
竹呂山への尾根から

山 行 日 程 2012年5月20日(日)
天  候 晴れ
同 行 者 やまあそさん

 先週八丈川(はっちょがわ)の東の尾根を辿って竹呂山に登りました。その途中休憩した場所で見たのは戸倉峠から三室山の縦走路の途中にある1202mのピークです。
 名前はありませんが、赤西川の上流にあることからこの山に注目している人は「赤西山(あかざいやま)」と呼んでいます。
 やまあそさんと竹呂山から下山したときに、来週は「赤西山ね」と決めました。というのも、頂上直下はチシマザサの密なることこの上ない山なので、藪漕ぎして登るなら気温が高くなる時期より前に決行しなければならないと考えたからです。
 宍粟市の道の駅山崎でやまあそさんと合流して一路波賀町に向かいます。赤西川沿の林道をつめて駐車ポイントに到着。準備を整えて9時30分に出発です。

写真 写真
「駐車地から少し先に行った所から取り付く」 「少し登ると林鉄跡」

 これまで三室山や波佐利山への途中などから観察しているので、最後の約100mほどの登りだけがチシマザサの激藪であることは知っています。ただ、まだ時期が春なのでチシマザサが元気になる前ならばひょっとして案外楽に到達できるのではないかと考えたわけです。
 その激藪までは植林帯なので急では有りますが案外楽に登っていけます。暫く登ると昔の林鉄の線路跡に出たので少し歩いてみました。この一帯は昔鉄道で切り出した木々を運んでいたのです。
 取り付きは急だったものの林鉄跡を越えると松林帯の穏やかな尾根を登って行きます。

写真 写真
「林鉄跡に出る」 「穏やかな植林帯を登る」

 この植林は綺麗に手入れがされているのでおそらく国有林だと思われます。手入れが十分行き届いているので順調に高度を稼いでいきます。
 登っていると一匹の蛇がいて舌をぴょろぴょろと動かしています。良く見るとマムシと並ぶ毒蛇ヤマカガシです。ちょっといじくって遊びました。
 登っていると木々の間から三室山が見えました。
 順調に登り植林が終わると雑木になり、その雑木林をほんの少し登ると前方が開けてきました。何とチシマザサが枯れています!!!

写真 写真
「少し急だけど順調に登っていく」 「雑木の前方が開けると!!!」

 殆ど枯れきった笹の中を暫く登ると枯れてはいますがこの先はきっと密藪だと思うので長袖を着ることにしました。ところが、登れどものぼれども一向に元気な笹が出てきません.
 暫く登って南を見るととても良い景色です。

写真
「正面奥に植松山、左には霞んでいますが黒尾山や東山、手前の尾根は竹呂山と三室山 」

 赤西山頂上までは標高差残り50mほどです。笹は頂上まで枯れているらしく鹿道を辿ると難無く登っていけました。密な青いチシマザサの藪漕ぎを覚悟していた二人は拍子抜けしてしまいました。
 出発からわずか1時間45分で赤西山頂上に到着です。こんもりとした頂上は穏やかです。
 おなかも空いたので昼食としました。食事中頂上は寒いくらいの風が吹き抜けていきます。

写真 写真
「頂上直下の笹はこんな感じ」 「赤西山に到着」

 30分の休憩を終えて出発です。その前に三室山への尾根の状況を確認しに行くことにしました。
 どうも三室山直下まで笹が枯れてしまっているようです。
 頂上に戻ると木々の間から氷ノ山が見えました。きっと沢山の人で賑わっていることでしょう。

写真 写真
「赤西山から三室への尾根」 「氷ノ山には残雪」

 さて出発です。下山ルートは以前2回下山したことのある波佐利山の西の鞍部から谷を下っていきます。
 赤西山からの東への尾根も笹が枯れてしまっています。笹枯れを除けばこの尾根もなかなか良い尾根です。
 暫く尾根を歩いていると前方に波佐利山とその手前に下山ポイントである鞍部が見えました。

写真 写真
「波佐利山に伸びる尾根も笹が枯れている」 「正面右に波佐利山」

 笹が無いし穏やかな尾根なので結構ハイペースで進んでいきます。赤西山とP1047の中間のちょっとしたピークで振り返ると赤西山が良く見えました。
 P1047までは雑木の尾根でしたがここからの登り返しの尾根はブナやミズナラが沢山あってとても良い尾根になりました。鳥取県側の斜面はとても素晴らしいブナ林です。

写真 写真
「振り返ると赤西山が良く見えた」 「とても良い尾根になる」

 頂上を出発して約1時間で大ボウシへの分岐に到着です。大ボウシへは2010年 9月に登ったことがあります。
 大ボウシの分岐のピークから下って4分、下山ポイントの鞍部に到着です。 

写真 写真
「大ボウシへの分岐」
(左手方向が大ボウシ、右手方向が波佐利山)
「鞍部に到着」

 ここから先は2度歩いているので安心して下山できます。
 やまあそさんはそれ以上歩かれていますが、毎回鉄道跡を忠実に歩いていないということなので今回は忠実に歩くことが目的のようです。
 鞍部から少し下るとと鉄道の痕跡があります。レールの残骸です。
 この林鉄の跡軌跡は植林のため不明になりますが下っていくとはっきりと現れましたので忠実に辿って下山していきます。

写真 写真
「レール」 「軌道跡を忠実にトレースする」

 鞍部から役1時間ほど下ると2つの沢が合流する場所に源流ではないのに源流の碑がありました。
 所どころ軌道跡は切れていますがかなり忠実に辿りますと、赤西川の左岸の遥か上の斜面を走っていました。以前は沢沿いに下山しましたが、まさか沢からこんなに上にあるとは思いもしませんでした。
 順調に歩いて林道終点に到着です。時刻は14時20分。この後林道を15分歩いて駐車地に到着です。

写真 写真
「沢が遥か下に見える」 「林道に到着」

私は、残雪期に戸倉峠から三室山まで縦走しましたが、無積雪期では2010年の秋に戸倉峠から今回の下山ポイントの鞍部まで歩いていますので、今回の山行で無積雪期としても戸倉峠から赤西山を歩いたことになりました。
 今回笹枯れがはっきりしたので、戸倉峠から三室山への縦走は残雪期しか出来ないと言うのは伝説になりそうです。
 今回歩いたトラックです。

地図

Home

メイル