智頭町 那岐山

写真
分水嶺から

山 行 日 程 2012年9月2日(日)
天  候 晴れのち曇り
同 行 者 やまあそさん

 やまあそさんが分水嶺を歩かれると言うので同行させてもらいました。
 これまで幾つかの分水嶺に同行させていただきましたが、今回は鳥取県と岡山県の分水嶺だそうで、那岐山のルートを利用するとのことです。
 山崎道の駅で合流し一路鳥取県智頭町に向かいます。那岐山への登山道は岡山県側からは4コース、鳥取県側からは3コースありますが、今回は分水嶺を歩く関係上鳥取県智頭町から登るコースを利用します。
 智頭町河津原の集落を通過し林道大畑谷腺を詰めて那岐山登山道に到着。ここから避難小屋を経由して三角点を目指します。
 到着すると私たちが2台目でベストポジションに駐車、準備を整えて8時30分に出発です。
 本当の登山口は暫く林道を歩いたところにあり、駐車地から15分ほどで到着です。
 このコースは2007年6月に一度歩いただけで記憶が薄れています。沢沿いに暫く登っていると分岐に到着、「渓流コース」と「尾根コース」に分かれます。前回はシャクナゲやドウダンが咲く時期でしたので尾根コースを登ったと記憶していたので、やまあそさんがどちらに行くかと尋ねますので、沢沿いは涼しいでしょうから渓流コースを選択しました。

写真 写真
「登山道に入る」 「渓流と尾根コースの分岐」
(左は渓流、右は尾根コース)


 うっそうとしていますが渓流伝いのコースは涼しく選択して正解でした。でも、風が全くなくなると汗がどっと噴出してきます。
 渓流コースの岩や石はコケが付着していて、昨晩降った雨で滑りやすくとても危険な状態です。岩をなるべく避けて順調に高度を稼いで行きます。
 沢沿いに登り詰めると右に平行している尾根に登る階段のところにやって来ました。この階段を上れば避難小屋です。

写真 写真
「滑りやすい岩を慎重に・・・」 「小屋への登り」(良い雰囲気)

 穏やかな日差しの中を暫く登ると避難小屋に到着です。以前来たときと同じ様に小屋は綺麗なままでした。
 少し休憩して出発です。小屋からの登りは最初急で、鎖も取り付けられていますが利用するほどでは有りません。
 鎖場を過ぎると尾根は穏やかになって広い登山道となりました。登山道の両脇は笹が生い茂っていて登山道だけを歩くことが出来ます。が、昨夜の雨のため良く歩かれている粘土質の登山道は滑りやすく注意が必要です。注意していてもやまあそさんはズリズリと滑っています。

写真 写真
「小屋に到着」 「ようやく穏やかな登山道となる」

 滑りやすい登山道を抜けると視界が開けました。前方には三角点にある避難小屋が建っています。でも、登山道の入り口には老朽化のため使用禁止の注意書きがしてありました。そして振り返り北東を見ると篭山、牛臥山、山なのに海上山が見えており、中々良い景色です。また、北西には花知ヶ山、恩原三国山などが、見えています。三国山には以前OAPさんに連れて行ってもらいましたが、次回の雪のシーズンには恩原スキー場を起点にテレマークで登ってみようかなぁ・・・

写真
「北方向には、篭山、牛臥山、海上山」

写真
「北西の山並み」

 登り始めて1時間45分で三角点のある那岐山に到着です。
 空には雲が漂っていますが日本原高原は良く俯瞰できました。

写真
「日本原高原を俯瞰する」

 時刻は10時15分を回ったところ、昼食には早すぎます。地形図を確認して分水嶺に入るポイントを確認すると、滝山への縦走路の途中に四阿がありますが、そこから北方向に分水嶺は伸びているようです。
 さて、ここで那岐さんのピークに行くかどうか思案のしどころです。今日のコースはこれから物見トンネル付近まで縦走して下山するコースです。先はまだまだ長い、ということで那岐山頂上はパスして四阿へ行くことにしました。

写真
「滝山への縦走路」
(手前から2つ目のピークに四阿で、その右尾根が分水嶺)

 これまでの登りと違ってやはり縦走路は気持ちよく歩けます。時々吹く風がさわやかで気持ちが良い!(この後に待ち受けている地獄も知らず・・・)
 三角点のある那岐山から20分で四阿に到着、分水嶺の尾根の中で昼食をとるより景色を見ながら四阿で昼食をとることにしました。

写真 写真
「るんるん散歩」 「四阿に到着」

 30分の昼食休憩を終えていよいよ分水嶺の縦走です。
 入り口は?
 不明瞭・・・
 なんとなくここからか?
 え〜い!突入!
 突入するも笹とツゲが行く手を阻みます。助けを求めて鹿道を探しますが中々見つかりません。こういった尾根を下るときに注意しなければならないのは尾根の真上を歩かないといけないと言うことです。ほんの少し、ほんの少し外れてしまうとあっという間に5mは外れてしまいます。この5mを取り戻すのにどれだけの労力がいることか! 

写真 写真
「分水嶺に突入!」 「笹とツゲが行く手を阻む」

 分水嶺に進入してコブを乗り越えると徐々に木々と笹が厚くが出てきました。木の中でもっとも厄介なのが馬酔木です。馬酔木は木々が密集し、弾力性があるので乗り越えるのには一苦労です。巻こうものなら先ほど述べたように尾根のトップから逸れてしまうので注意が必要です。ただ、宍粟の山々にあるチシマザサでないのが幸いです。
 分水嶺に突入してほぼ1時間でP1072手前の鞍部に到着。ここまで来れば馬酔木も少なくなりました。が、笹は相変わらずです。

写真 写真
「苦しみながらの進軍」 「P1072手前の鞍部に到着」

 笹の墨でズボンはドロドロ・・・
 P1072への登りを見ると笹が薄くなっていて鹿道も続いています。これなら後は楽勝?
 P1072のピークまでは難なく登れましたがピークを越えて唖然・・・。再び厚い笹が待ち受けてました。背丈ほどあるので、斜面を下っているので振り返ってもやまあそさんの姿は見えません。
 そんな笹の中を進んでいると徐々に杉の植林となり笹は無くなっていきました。
 分岐のわかりにくい尾根の分かれ目を左に進むにあたって結構急な杉の植林帯を下っていきます。

写真 写真
「背丈ほどの笹」 「急な斜面を下る」

 急な斜面を下って行くと杉林でなくなってきて前方に沢山のブナが現れました。なんと立派なブナでしょうか。辺り一面ブナばかりです。平坦な地形なので分水嶺からそれないように注意して下っていきます。
 ブナ林を抜けると尾根は徐々に細くなり鹿が良く歩いていてとても歩きやすくなりました。ところどころ立派なブナもありとても良いルートです。

写真 写真
「ブナ林の中を」 「良い尾根の道」

 時刻はまだ12時30分ですが現在位置は何処でしょう?
 地形図で確認すると四等三角点「岡島」の手前です。本日の分水嶺の3分の1も達成していません。やまあそさんに下山の予定時刻を聞きますと「14時30分頃」と言います。
 「無理むり!!!」
 ということで、今回の分水嶺縦走は第1段、第2段に分けることにあっさりと決定、四等三角点手前から北東方向に伸びる尾根でエスケイプすることにしました。 

写真 写真
「北東に延びる尾根にスイッチバック」 「下山尾根は楽チン」

写真
「アスファルト林道に下山」

 藪漕ぎは年に1度と決めていたのに2度になってしまいました。
 次回の続きはきっと楽勝でしょう・・・
 でも、くれぐれも歩いて見ようなんて思われませんように・・・

地図

Home

メイル