西光寺山

写真

山 行 日 程 2013年1月20日(日)
天  候 曇り
同 行 者 やまあそさん

 2年前、やまあそさんから「おもしろい企画があるから行かへん?」とお誘い頂いたのは、黒田庄の荘厳寺から今田の西光寺(廃寺)を経て社町の朝光寺まで縦走するというものでした。その縦走路は 、むかし権現信仰の修験道の古道で山の尾根を辿るものです。
 そのゴールは、良く理解しないままやまあそさんに連れて行ったもらった三草山の山中の旧朝光寺後がゴール地点となります。
 第一回目は、黒田庄の荘厳寺から比延峠までの長距離を歩く予定でしたが、途中から降りだした雨のため予定を変更して「白山〜妙見山」を歩いて下山しました。
 二回目は妙見山から比延峠まで 一気に歩いてリベンジを果たし二人とも大満足で家路に向かいました。しかし、比延峠から西光寺山を歩く予定だった第三回目は夜半からの降雪で中止となり、何とも呪われた企画となっています。今日は第三回のリベンジです。
 今回の下山ポイントである双葉小学校横にある林間ファミリー園駐車場に私の車をデポして比延峠に向かいます。峠近くの濫觴公園に駐車して9時17分に出発です。峠付近は 数日前の雪がまだ残っており今日は雪の上を歩くことになりそうです。
 取り付きは簡単でしたが、尾根に乗るまでの植林の登りは結構急で久し振りに歩く私は息がきれます。私の息切れは最近白馬のゲレンデスキーヤーに落魄れていたので体力の低下が原因です。やまあそさんも息がきれていますが、その理由は歳のせいだと思います。

写真 写真
「比延峠がスタート」 「息を切らしながら尾根へ」

 出発しておよそ30分で尾根に出てP571に到着、やまあそさんが用意してくれた手書きの地図には「ゼンブリ山」書かれています。その地図には沢山の山名や峠の名前などが書かれていて、西脇のFさんが作成されたものだそうです。
 ここからの尾根の縦走路は西脇市と篠山市の境界を歩いて行きます。
 P571から穏やかな雪の尾根を進むとこんもりとした場所になり『堂のたわ』と呼ばれるところです。堂という文字からお堂があったとやまあそさんが言いますが、狭い場所なので小さなお堂しか建てられそうもありません。
 更に進むと下りとなり鞍部に到着、地図には『ネジキ坂』と書いてあります。峠のような雰囲気を持ってはいますが明確な峠道は見当たりませんでした。
 順調に歩いていると左に白髪岳が見え、右は植林ですが木々の間からは妙見山が見えました。

写真 写真
「なかなか良い尾根です」 「白髪岳が見えた」

 尾根を歩いて出発してからおよそ1時間で尾根の分岐に到着。何も考えなければすんなりと左に行ってしまいそうですが正解は右です。でも左はきれいな稜線で、中口山という三角点があるそうです。以前行ったことがあるやまあそさんは「眺望が良かった」と言いますので寄り道することにしました。
 と・こ・ろ・が、マウンテンバイク乗れのれの尾根は何故か笹の尾根となってしまいました。更に始末が悪いのには雪を被っているのため衣服はビショビショです。
 やっとの思いで笹を抜けだししばらく歩くと中口山のピークが見えました。が、前方には再び笹が待ち構えており、ようやく辿り着いた三角点は笹に囲われ景色なんていったいどこ?
 期待を打ち砕かれてUターン。気持ちを切り替えて西光寺山に向かいます。

写真 写真
「何処が乗れのれ?」 「景色は何処?」

 再び雪を被った笹の中を歩きは嫌だったので、尾根の南側をトラバースして戻りましたが正解でした。
 分岐に戻って西光寺山に向かいます。
 尾根に取り付いてからはほとんどアップダウンの無い平坦尾根でしたが、ここから急激に下って行きました。
 登り返すことを考えると嫌になるほど下って鞍部に到着です。地図には『中口坂』と書いてあります。尾根上では標高が低いので峠として利用されていたようで、東西に付けられた峠道もしっかりと残っていました。
 峠といういとは今度は登り返しです・・・
 標高が低くなると溶けてなくなっていた雪が復活し雪の尾根を歩きます。
 時刻は早いですがお腹も空いたので昼食にすることにしました。しかし、景色の良いところを探しますが残念ながら無く、仕方なくP534で昼食としました。

写真 写真
「中口坂を通過」 「辛い登り返し」

 40分の休憩を終えて出発です。
 今回のルートには沢山の鞍部があり、それらには全て峠の名前がついています。次の鞍部は『萩原坂』と呼ばれておりP534からは直ぐに到着しましたが、見る限り峠という雰囲気はなく単なる鞍部としか見えません。峠道もそう思えばそう見えるし、そうでないと思えば道ではなくなってしまいます。
 峠から登り返して穏かな稜線を歩いていると木々の間から西光寺山が見えました。
 次なる峠である『杉原坂』には12時15分に到着。この鞍部の峠道はとても明瞭で、東方向の 篠山側への道はそれこそ乗れのれの道です。が、ゴルフ場へ突入してしまいます。そう考えると、ゴルフ場ができる前はどうだったんだろうと思いがはせります。石仏がないかと辺りを探しましたが残念ながら見つけることはできませんでした。

写真 写真
「木々の間に西光寺山」 「杉原坂に到着」

 峠から急な登りを登ってしばらく歩くと急に視界が開けて前方に素晴らしい景色が目に飛び込んできました。
 これまで景色を見ることがほとんど出来なかったのでとても新鮮でしたが、それよりも左に西光寺山、右の尾根の向こうには妙見山の頭がわずかですが見えたのはとても感動しました。
 ここから見ると西光寺山が遠くに見えており結構時間が掛かりそうです。

写真
「左に西光山、右奥に妙見山の頭」

 西光寺山を前方に見ながら進んで行きますと鞍部に到着、ここは『机峠』と呼ばれており、以前やまあそさんはわざわざ机を持ってきたそうです。
 鞍部から少し東に進むと小さな重機が通れるくらいの幅で削られた道が西光寺山に向かってつけられています。
 時刻は12時50分で西光寺山には十分行ける時間ですが、やまあそさんが計画しているその先ルートを辿ると結構遅くなりそうだというので、軟弱な我々はあっさりと予定を変更してしまいました。その変更とは、途中からキリズメ行者山を経由して水車場所に下山するルートです。

写真 写真
「机峠に到着」 「重機の道を登ります」

 重機で付けられた道を暫く歩いて鉄塔を過ぎるとキリズメ行者山への分岐に到着です。分岐にはブルーの大きな看板があるので見落としたりすることはありません。
 しっかりとした道を尾根に沿って下っていきます。このルートはある人が付けられたルートで滑りやすいところにはトラロープが付けてあります。

写真 写真
「キリズメ行者山への分岐に到着」 「キリズメ行者山へ下っていく」

 忠実に辿っていくとパッと広い平地にひょっこりと出ます。右を見上げますと大きな岩があり、その中央部に窪みがありかの有名な『役の行者』の石仏が祀ってあります。
 やまあそさんもいつ頃造られたものなのか知らないそうですが、もしかなり古いものなのであればこのルートを歩いていた修験者達はここを訪れたことでしょう。

写真 写真
「中央に『役の行者』」 「岩の左下には不動明王」

 ここからもトラロープに沿って下っていきます。
 トラロープに沿って急な滑りやすい下りを慎重に下るとやがて穏かな下りとなり然歩に水車小屋が見え下山完了です。

写真 写真
「滑りやすい急斜面もありました」 「水車小屋に下山」

 今回第三回目ということでやっと西光山の近くまでやってこれました。
 今日歩いたルートです。

地図


Home