篠山市 弥十郎ヶ岳

写真

山 行 日 程 2013年3月3日(日)
天  候 晴れ
同 行 者 やまあそさん

 やまあそさんにお誘いいただき弥十郎ヶ岳に登ってきました。
 弥十郎ヶ岳には三度ほど登ったことがありますが、もう十年以上前のことになります。
 国道176号線の古市バス停でやまあそさんと合流して国道372号線を北上します。今回のルートは弥十郎ヶ岳を反時計回りに周回するそうで、まず下山ポイントの小野奥谷の集落に私の車をデポして辻の集落に向かいます。
 辻集落の最も奥にある民家の傍に駐車して9時05分に出発です。
 出発ポイントには兵庫県が設置した看板があり、その看板には、
 「郷土記念物 四本杉 幹から4本に別れ、その各々が高さ30mもある大杉で、地域住民から神木として親しまれている。」
 と書かれています。
 竹林を抜ける林道を進むとトタンのイノシシ除けの柵がしてあります。私の田舎も山と田圃の境には延々とトタンが張り巡らされていましたが今ではネットに変わっています。
 トタンをまたいで更に進むと今度は鹿除けの電撃柵が張り巡らしてあります。林道は通行できるように感電線を外せるようになっていましたので難なく通過できました。
 電撃柵を通過して右手の小さな赤い鳥居をくぐると、大きな四本杉が正面に聳えています。

写真 写真
「正面の竹林を抜ける道を進みます」 「林道の先に電撃柵があります」

 通常であれば杉や檜の苗木は真っ直ぐに伸びて行きますが、鹿に先端を食べられたり折れたりすると枝が幹となって成長します。その時に二本伸びたり三本伸びたりしますが、大きくなるに連れてどれか一本が主となります。ところがこの杉は別れている箇所の高さからみると、苗木の小さな頃から四本がそのまま成長したようです。
 四本杉の裏側にはお社がいくつかあって、、天満、愛宕、秋葉などのお稲荷さんが祀られていました。

写真 写真
「赤い鳥居を潜ると正面に4本杉」 「当然カメラには収まりません」

 林道に戻って先に進みますと右側に堰堤が現れました。取り付く尾根が堰堤を挟んで反対側だったので堰堤を通過しようとしましたが、やまあそさんはまだ先に進んでから取り付くというので戻ります。
 林道に戻ってしばらく進むと沢も狭まったので対岸に渡り尾根に取り付きました。
 しかし、何と急な尾根でしょうか!駐車地で地元の男性が昔は登山道が有ったと仰っていましたが、その道はどこなのでしょうか?

写真 写真
「沢を渡ります」 「急な尾根を息切れしながら・・・」

 5センチほど積もった雪でさらに滑りやすい急な斜面を喘ぎながら登っていると尾根は穏かになり歩きやすくなりました。歩いていると雪が轍のように一本続いていますといつの間にか古い道に乗ったようですが、これが地元の人が昔使った道かどうか定かではありません。
 道らしき跡を歩いていると、目の前が何か変だなと思って雪の状態を良く見ると何と尾根を横切るように明確な道が走っているではありませんか!
 やまそさんは「MTBで乗れのれや!」といっています。実は今回のルートMTBのルート探しだったんです。やまあそさんの知り合いが主催する北摂ラリーのルートがそろそろネタ切れとかで、やまそさんが目をつけたのが今回のコースです。
 下山後に標識を見つけたのですが、この道は畑市からのルートで弥十郎ヶ岳への登山道で、このルートを辿ると切り通しもありました。

写真 写真
「尾根を横切る道に出る」 「切り通しもあります」

 暫く歩いていると道が不明瞭になりましたが正面に尾根が横切っており、標識もありますのでルートを見失うことはありません。その尾根を左に折れて暫く登るとこんもりとしたピークに到着。そこには標識がり、「畑市」と「辻」と書いてあります。

写真 写真
「尾根を左に折れて登る」 「ピークに到着」

 さあ出発と思って歩こうとすると、やまそさんが左方向に歩き始めましたた。「そっち違うで!」というとあわてて向きを変えました。どうもこのポイントは方向がおかしくなるようです。
 ここから穏かに尾根を下っていきますが、踏後もしっかりしていて道を外れることはありません。
 暫く下っていると目の前に大きな標識が立っていて、洞窟からの道と合流しました。

写真 写真
「穏かな尾根を下る」 「メインルートに合流」

 私は洞窟方面から登ったことがありませんでしたが、しっかりしたルートでほんの少し尾根を登ると弥十郎ヶ岳に到着です。時刻は10時26分、誰もいない一番乗りでした。
 今日はABC篠山マラソンの開催日で、IRCさんDQKさんがボランティアーでサポートされています。サポートはアマチュア無線を利用されているので、その合間を縫ってしばし交信します。
 やまそさんは、スタートの花火を見たかったそうですが、時既遅しのとことでした。しかし頂上から見る三嶽の山々は雪に包まれてと

写真 写真
「弥十郎ヶ岳に到着」 「IRCさんDQKさんと交信」

 昼食を採るにはもってこいの場所ですが、時間も早いので先に進みます。
 ずいぶんと前ですがここから先は3回歩いたことがあるのでそれなりに覚えています。
 暫く下っている左側がなんとなく明るくなってきました。変だなと思いながら進んでいるとなんと辺り一面伐採されて、新しく植林がされています。しかも、重機で作られた道が!
 眺望の無い林の中での食事よりも伐採されて見晴らしの良い場所のほうがましと考え、とりあえず昼食を採ることにしました。
 やまあそさん曰く、「ラリーではMTB担いで歩くのは嫌がられるから、この林道使ったほうが良いかも?」だそうです。
 昼食を終える頃、なんと久しぶりにOOSことかねちゃんとも無線が繋がりました。
 昼食を終えて記憶に残る道を下っていると、先ほどの重機の林道終点に到着。その場所は、籠坊温泉から登るコースの終点でした。

写真 写真
「なんと木がない!しかも道が!」 「」

 この分岐を直進して農文塾コースに進みます。このルートは一度歩いたことがありますが、実はそのときある尾根にルートを外れて引き返した苦い思い出があります。
 歩いていると突然長靴の踏み後がありました。引き返しています。何故でしょう?
 下っていって尾根から外れる農文塾の文庫にやってきました。なんとその長靴の踏み後は私たちが辿ろうとしている尾根の先に続いていました。いったい誰だ?
 私はここから先を歩いてことはありませんがやまそさんはあるそうです。が記憶が殆ど無いそうです。
 暫く歩いているとぐずぐずしていた天気も回復してきて陽射しが出てきてとてもよい雰囲気になりました。その日差しのお陰か、やまあそさんの記憶も徐々に取り戻されました。

写真 写真
「農文塾の分岐に到着」 「陽光差す気持ちの良い尾根歩き」

 穏かな尾根をあっるきながら弥十郎ヶ岳が見えないかとひだりに注意しながら歩きますが、標高が低いのと木々の枝が邪魔をしてはっきりと見えるところが中々ありませんでしたが、ちょっとした岩の上に立つと何とか見ることが出来ました。(TOPの写真)
 暫く進むと目の前に明瞭な尾根の分岐にやってきました。ここはP633の飛曽山というところで、左の尾根に進むと激下って標高478.9mの三角点を経由して出発点の辻集落に下山します。地形図を見ますと本来ならこのコースでは?と思うところですが、やまそさんは藪かどうかも不明だったそうで、そのため飛曽山の手前から小野奥谷に伸びる尾根を下ってみよう考えられたそうです。目印は大きな松ノ木です。
 下り始めは穏かですが徐々に急に。しかも出だしの尾根はのっぺらなので方向を見極めるのに注意が必要です。でも間違えないで暫く進むと尾根は細くなるので明確になります。

写真 写真
「飛曽山の手前の大きな松ノ木が目印」 「ちょっと急だけど・・・」

 途中おもしろい岩を発見しました。今年はへび年、だからと言うわけではありませんが見る方向によっては大蛇が口を開けているようです。
 下りきるとそこには砂防があり道も不明瞭になりましたが、ここまで下れば何処を歩いても集落に出るのは歴然です。

写真 写真
「あ〜情けない・・・」 「砂防に到着」

 砂防の脇を抜けるとて林道にでました。
 林道を歩いていると熊野神社の案内板があり立ち寄ることにしました。
 説明板にはやはり 熊野本宮より勧請されたもので、時代は遥か永享年間(1429〜1440)ということです。 本道の石段は職人が施したものではないようで、急で今にも崩れそうなガタガタの組積みです。私はあまり気になりませんでしたがびびりのやまあそさんはヒーヒー言いながら登り、へっぴり腰で下りました。
 駐車場所には14時過ぎに到着。

写真 写真
「林道に出ました」 「熊野詣」

 今回は弥十郎ヶ岳を周回できてとても良かったとおもいました。
 今日歩いたトラックです。

地図


Home