鳥取県智頭町 浅見越

写真

山 行 日 程 2013年5月6日(月)
天  候 快晴
同 行 者 やまあそさん、山ボーイさん

 GW最後の日、やまあそさんにお誘いいただき智頭の峠を歩いてきました。
 今回のルートは、綾木峠から南西に伸びる尾根を縦走し、途中にある智頭町大呂と八頭町大江と結ぶ峠を調査するというものです。実はこの計画、ちょうど二年前にやまあそさんからお誘いいただきましたが実行しなかった計画で、何故実行しなかったのかは不明。当時のメイルには「天気が悪ければ中止しましょう」とありますのでそういう事だった様です。
 八河谷に入ると山登りと思われる単独の男性が歩いています。やまあそさんが声を掛けるとなんと山ボーイさんで、三人での山行となりました。
 八河谷の最奥のアスファルト舗装終点に駐車して8時45分調度に出発です。

写真 写真
「アスファルト終点に駐車」 「綾木峠(正面鞍部)を目指す」

 綾木峠への峠道の周辺には鉱山跡地があり舗装路となっています。歩いていると採掘場の跡もそこかしこに見受けられます。
 暫く進むとアスファルト道は右に大きく曲がります。そのポイントには中国自然歩道「扇ノ山〜三滝腺」の概念図が設置されていています。綾木峠にはこの自然歩道を歩きます。その昔良く歩かれたであろう峠道は、自然歩道として整備されたものの沢沿いは最初荒れていましたが、植林帯になると歩きやすくなりました。

写真 写真
「中国自然歩道の入り口に到着」 「植林帯に入ると歩きやすくなった」

 谷を詰めていると歩道は右の尾根に方向を変えました。地形図を見ると昔の峠道はどうもこの尾根の東側のようですが、歩道を整備するに当たり安全なルートになってしまったようで、進んでいると整備された丸太の階段となりました。
 つづら折れの自然報道を進むと前方に綾木峠が見え、9時30分に峠に到着です。

写真 写真
「つづら折れの自然歩道を歩く」 「綾木峠に到着」

 綾木峠に建つのは2回目で、前回は2010年に柿原から登って伊呂宇山に登りました。この峠から東へ向うと鳴滝山に向かいますが、このコースも一度歩いてみたいと思っています。
 峠から西方向に少し登ると二等三角点点名「八谷河」に到着です。前回の伊呂宇山のときと同じく崩れた小屋の廃材が散乱しています。
 ここから尾根が二つに分かれていて、北に向かいますと前回の伊呂宇山へのルートです。今回は西に向かう尾根を辿っていきます。
 ここからこの智頭町と八頭町の町界尾根を石仏を探しながら歩きます。

写真 写真
「二等三角点点名「八谷河」に到着」 「気持ちの良い尾根歩き」

 初夏を思わせるような快晴の中を順調に進んみますが、三角点からほんの少し歩いたところで分かりにくい分岐を右に進み急斜面を下ります。無心で歩いていると必ず間違えて直進してしまうでしょう。
 急な下りを注意しながら下りますが、やまあそさんの口だけどんどん転げ落ちて止まることができませんでした。 
 急な下りを終えて暫く進むと鞍部に到着、石仏が一体ありました。ここが大江越と呼ばれるところで、自然石に地蔵菩薩が彫ってあり、年号は文久のようです。
 これまでの行程から考えますと八河谷からは近いのですがちょっと登りがきつい、、大江からは距離はあるが穏かな登りとなっています。

写真 写真
「急な斜面を下りながら同定」 「大江越に到着」

 大江越からは植林帯の中を食事の場所を探しながら歩きます。今日はとても暑く、日陰で風があり眺望の効く場所と思って歩きますがなかなかありません。そうこうしているうちにP771に到着。時刻も12時なのでここでr食事をとることにしました。食事の準備をしていると昼のサイレンがあちこちから聞こえてきました。
 30分の休憩を終えて出発です。
 P771から南に伸びる尾根を下って行くと穏やかな場所がありました。

写真 写真
「順調にルートを稼ぎます」 「穏かな尾根」

 穏かな場所をゆっくりと楽しみながら進むと再び登りです。ちょっと息切れしながら登りきると南側斜面は伐採されて新たに檜が植林されており、ピークから西に向かう尾根に沿って鹿避けネットが張られていました。南側の眺望が開けていてなかなかの眺望です。

写真
「南東方向の眺望」
(中央左に沖ノ山)

 尾根を西に進んでいると地形図で点線で表示してあるポイントに到着。この点線を南に下れば虫井谷に下山します。山ボーイさんは当初ここを下山される予定だったそうです。
 しかし、北側は道が明瞭でなくどうも地形図の北方向の点線は誤りのようです。南方向は尾根上に点線があるので間違いはなさそうです。(やまそさんによればこのルートは芦津へ続く『虫谷越え』という古道だそうです。)
 更に進んで行くと木々も薄くなり南側の眺望がとてもよくなりました。前方にちょっとした鞍部が見えてきたと思うと、「何か見えました」と山ボーイさんが言います。
 石仏は道標を兼ねていますがよく読めません。よーく見てみると右側の文字は『右ハあさみ』と判りました。左の文字は『左ハあ*づ』で一文字判りません。三人でかなえますが判りません。先を急ぎましょう。

写真 写真
「穏かな鞍部」
(写真中央に何か白いものが!)
「道標をまじまじと観察するも・・・」

 今日は超ロングコースとなりました。どこから下山するのか決めていませんでしたが、当初行けるところまで行ってといっていましたが、その最終ルートを辿ることになりました。
 暫く尾根を歩いているととても眺望の良い尾根となり南側が180度開けて、鳴滝山、東山、沖ノ山などが一望です。

写真
「今日一番の眺望」

 暫く進むと鉄塔に到着。鳥取方面を見てみますが霞んでいてよく判りませんでしちゃ。
 下山はここから送電線に沿って地形図上の点線を南に下っていきます。ところが、この点線には一箇所激登りが待ち構えています。P754がそれです。
 やまそさんは以前歩かれているそうで崎をどんどん進んでいきます。そんなにきつい登りだとは思っていませんでしたが、最低鞍部に来て見上げればなんと急なことか。しかし、こういう時は一気に登りきってしまったほうがすっきりします。この後は下るのみ。
 尾根は明確で迷うことはありませんでしたが、尾根の尻尾のところで道が消えて無くなったので強引に急な植林の尾根を下って下山完了です。

写真 写真
「火の用心は歩きやすい」 「最後は強引に」

 下山した林道に看板が立ててあり、この谷が『浅見谷』とわかり、先ほどの石仏の右の文字はこの場所を指していることがわかりました。それと、左の文字は『あしづ』だと予測しましたが、真ん中の文字が明確でないので疑問が残りました。(後で『志』だとやまあそさんに教えてもらいました。)

地図


Home