鳥取県智頭町 浅見越

写真

山 行 日 程 2013年6月9日(日)
天  候 快晴
同 行 者 やまあそさん

 先月GWの最終日に綾木峠から南西に伸びる尾根を縦走し、途中にある智頭町大呂と八頭町大江と結ぶ峠を調査してきました。その時に謎となったのが地名の彫られている道標石仏です。
 普通は尾根に対して直角に立っていますがここの道標石仏は尾根に対して平行に設置されていて大江側に正面を向いています。 文字は「右ハあさみ」「左ハあ志つ」と彫ってあります。
 そこでやまあそさんに誘われて、大江から浅見を繋ぐ峠道を探ることになりました。
 まずは前回下山した浅見地区の林道から浅見越えの西にある送電線鉄塔をを目指します。
 結構奥までいけそうですが、壱の滝を過ぎたところに駐車して8時50分にスタートです。

写真 写真
「壱の滝を過ぎた所からスタート」 「弐の滝」

 弐の滝、参の滝を見ながら林道を詰めます。アスファルト舗装は結構続いていたのでもう少し進入すればと後悔しながら歩きます。
 アスファルト道路が終わり地道の林道を歩いていると地形図で標高500m付近で谷が二つに分かれます。山あそさんの推理ではこの谷が古道だそうです。

写真 写真
「良く見れば沢の向こうに谷があります」 「へっぴり腰で橋を渡ります。」

 谷沿いには踏後が残っていて、暫く歩くと炊事場のような残骸が残っていました。おそらく営林署が木を切り出すときに使っていた小屋と思われます。
 暫く広い谷を詰めていましたが徐々に谷は細くなり踏後も不明瞭になってきました。
 谷が二つに分かれるところまで来てとうとう行き詰まってしまいました。「どうも違うな・・・」とやまあそさんがポツリと・・・
 仕方が無いので右の急な尾根に取り付くことにしました。切り倒された雑木がそこかしこに横たわっており登りにくくて大変です。

写真 写真
「しっかりとした踏み後があります」 「急な尾根を登ります」

 急な斜面が終わると檜の植林となり斜面も穏かになりました。斜面を登りきって尾根に出るとしっかりとした踏後があり直ぐに巡視路とわかりました。少し尾根を下ると送電線鉄塔がありました。そして、巡視路を辿って登り返すと一ヶ月前に通過した送電線鉄塔に到着です。
 今日は天気が良すぎて霞んでいます。
 さて、浅見からの峠道探しは失敗に終わりました。先月下ったルートが峠道だったのかもしれません。

写真 写真
「巡視路を歩く」 「町境にある送電線鉄塔に到着」

写真
「鉄塔手前から南西方向」

 ここから尾根を東に辿れば道標石仏に辿り着きます。が、大江からの峠道は登りで探すことにして巡視路を辿って大江に下ります。
 最初は整備されて良い道でしたが、下るにつれて荒れ気味になりました。

写真 写真
「最初は良い巡視路だったが・・・」 「崩落してちょっと歩きにくい所も」

 巡視路を辿って見晴らしの良い場所で食事を済ませ、更に下っていくと林道に到着です。
 しかし・・・
 林道を歩いたのも束の間、下っている谷の西側にある谷に入るようにUターン。

写真 写真
「食事をしたところからは良い巡視路に」 「林道に出たもののUターン?」

 登り返すことになる谷は暫く林道でしたが徐々に荒れて林道は無くなり沢沿いに進んでいきます。でも、峠道の雰囲気は?
 谷を詰めていくとやがて水は無くなり杉の植林帯となり踏み後は完全になくなってしまいました。こうなれば後は一つ。適当な尾根に取り付いて登るしかありません。
 やまあそさんが選んだ尾根に取り付きます。が、またなんと急な登りでしょうか!
 暫く登ると緑に包まれたコナラなどの斜面になりましたが、暑さと疲労で二人とも言葉を交わす元気も無く、また写真を撮る余裕もありません。
 あえぎあえいでやっとの思いで尾根に到着。峠から大江側に少し下って古道を探してみるものの良くはわかりませんでした。
 大江側からの峠道の探索も失敗に終わりました・・・

写真 写真
「最初は良い谷だった」 「浅見越えに到着」

 浅見から尾根を越えて大江に下り、大江から登り返すという普通の人間なら考えない計画。でも、古道が確認できたのならまだしも収穫はゼロ。暑さと疲労と精神的ダメージで・・・
 下山しましょう。
 下山は、少し尾根を東に進んで虫谷越えの尾根を下ることにします。尾根の先には虫井神社がありそこに私の車をデポしています。
 虫谷越えの尾根は明瞭で間違うことはなく、順調に下っているとなんとブナがありました。
 更に下ると平坦なところに古い石組みが点在していて、中に入ると倒れた灯篭などもあり、麓にある虫井神社があったそうです。
 このあと順調に下って虫井神社には14時45分に到着。

写真 写真
「神社跡」 「虫井神社に下山」

 今日は当初の計画通りに歩いたものの古道を見つけるのにいたらず残念な結果となりました。
 でも、年に一度のチシマザサ藪漕ぎと同じくたまには良いかも?

地図


Home