黒部五郎小屋のお花畑

写真

山 行 日 程 2013年8月7日(水)〜12日(月)
天  候 晴れ(10日のみガス多し)
同 行 者 由李子

第2日目

 辺りが暗くなると小屋では何もすることが無いので早々に就寝となります。そのため、夜中に目を覚ましては眠り、目を覚ましては眠りを繰り返すことになります。そうこうしていると、突然、女性3人パーティーの一人が発作を起こして呼吸困難になっているうめき声で目を覚ましました。どうも過呼吸症だったようで、落ち着いたら笑いながら話していましたが、同室だった私たちを含む皆は大変ビックリしてしまいました。
 そのまま起床して小屋の自炊場所で朝食をとることにしました。
 今日の行程は、双六小屋〜双六岳〜三俣蓮華岳を経て黒部五郎小屋までの6時間30分の歩行、6時45分に小屋を出発です。 

写真 写真
「早朝の鏡池に映りこむ槍ヶ岳」 「快晴の朝に出発」

 今日の天気もとても良い天気で暑さが気になります。
 池を通過すると抜戸岳分岐への登りとなり重いザックが肩に食い込みます。しかしながら、この登山道には高山植物が多いので心が癒されます。立ち止まって花を見てはゆっくりと登ります。
 登山道には、ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、トリカブト等など目を楽しませてくれるのでなかなか脚が前に進みません。そんな中コバイケイソウが咲き誇る斜面はとても綺麗でした。

写真 写真
「弓折岳分岐へ続く登山道」 「今年は当たり年のコバイケイソウがとても綺麗です」

 小屋から50分で弓折岳分岐に到着しました。天気は申し分ないのですが逆光のために槍穂高連峰は黒く聳え立っています。
 少し休憩して双六小屋に向かいます。分岐から少し登って稜線に出ると360度のパノラマになりますが霞が酷くすっきりした景色を見ることが出来ません。そんな中直ぐ目の前の双六岳はとても雄大に見えました。

写真 写真
「槍ヶ岳が黒く聳えています」 「今日通過する双六岳」

 例年、8月には雪渓が残っている場所に来ましたが、ここにもたっぷり雪渓が残っていました。3年前その雪渓の崎のお花畑にクロユリが咲いていましたので今回も行ってみますと咲いていました。

写真 写真
「お花畑手前の雪渓、正面に樅沢岳」 「クロユリ」

 稜線を歩いていると一斗缶が気にくくりつけてあります。今年は熊が良く出没するそうで、新穂高温泉の岐阜県警山岳警備隊詰所にもそのような掲示がしてありました。  暫く歩くと前方に視界が開けて双六小屋が見えてきました。双六池の手前もいつもならそんなに気に止めない場所ですが、今年は沢山のコバイケイソウが咲いていて一面お花畑になっていました。また、小屋手前の東斜面は、青い草にまぎれて沢山のクロユリが咲いていました。こんなにクロユリが咲いているのを見たのは二人とも初めてでした。

写真 写真
「熊脅しの一斗缶 正面には槍ヶ岳」 「双六池の手間にも沢山のコバイケイソウ」

 鏡平山荘から2時間30分で双六小屋に到着。朝食はバタールを軽く食べただけなのでここで早い昼食をとることにしました。
 小屋のテラスからは鷲羽岳、水晶岳、真砂岳が良く見えています。
 ゆっくりと昼食を取って双六岳に向かいます。3年前由李子と黒部五郎に登ったとき、双六岳へ向かう稜線から槍ヶ岳を見せてやりたかったのですが、飛騨沢から発生するガスが西鎌尾根に大きく被ってしまって穂先を見ることが出来ませんでした。今回は同じ状況に近かったのですが、ガスの切れ間に穂先を見ることが出来ました。

写真 写真
「正面に鷲羽岳、左後方に水晶岳、右奥に真砂岳」 「双六岳への夏道コースを登る」

写真 写真
「双六岳への稜線」 「ガスの切れ間に穂先が見えた」

 双六岳には丁度12時に到着、沢山の人が寛いでいます。残念ながら黒部五郎岳はガスに包まれてしまっています。
 休憩しながら槍ヶ岳がはっきりと見えるまで少し待ってみることにしましたが、飛騨沢から立ち上がるガスは消えそうでなかなか消えない状態が続いて、槍ヶ岳全体が見えることは無く諦めて黒部五郎小屋に向けて出発することにしました。
 双六岳から丸山へ向かう途中ライチョウの番いが登山道にひょっこりと出てきて砂浴びを始めました。暫く観察しているとハイマツの中に入っていきました。
 双六岳から1時間15分で三俣蓮華岳に到着。本来であれば360度の大パノラマであるのに霞が酷くクリアな山々を見ることが出来ません。仕方なく黒部五郎小屋に向かいました。

写真 写真
「砂浴びをするライチョウのオス」 「前方に三俣蓮華岳」

 三俣蓮華岳から登山道を30分ほど下って黒部五郎乗越を通過し向きが黒部五郎岳方向に向きます。しかし南の谷から沸いてくるガスが黒部五郎岳を隠しています。
 ガスが取れるかとれないかという景色を見ながら順調に下って行って丁度15時に黒部五郎小屋に到着。一面コバイケイソウのお花畑でした。

写真 写真
「穏かな稜線を歩く」 「黒部五郎岳」


Home