秋の表銀座 2013

写真

山 行 日 程 2013年10月13日(日)〜14日(月)
天  候 晴れ
同 行 者 単独

第1日目

 昨年参加した「大天井ヒュッテさよならパーティー」に今年も参加してきました。昨年は由李子も一緒でしたが、今年は単独での参加です。
 今回のルートは、中房温泉〜燕岳〜大天井岳〜一ノ沢と縦走します。中房温泉には穂高駅登山者駐車場からの乗り合いバスを利用し、下山後は自転車で駐車場に戻るという計画で、前日に下山予定地の常念岳の登山口である一ノ沢登山口に折りたたみ自転車をデポしておきました。
 後立山が白く雪化粧しているのを見ながら朝8時発のバスに乗り中房温泉に向かいます。しかし、3連休の登山者は多く迷惑駐車で終点まで行けなくて有明荘からの出発となりました。

写真 写真
「黄葉が綺麗な中房温泉周辺」 「遅い9時30分に登山口を出発」

 有明荘までの迷惑駐車でバスが立ち往生したりして登り始めが遅れてしまいました。大天井ヒュッテまでのコースタイムは6時間40分、休憩しなくても到着は16時過ぎになってしまいます。
 天気は良く、汗かきの私が暑さもそんなに感じること無く快調に高度を上げていきます。第1、2、3ベンチにはとても沢山の人が休憩していました。
 休憩することなく登り続けて1時間30分、ようやく富士見ベンチに到着しました。霞んでいますが富士山が良く見えました。
 2時間で合戦小屋に到着。それにしても今日の人では多い!ベンチも広場も沢山の人で休憩できる場所がありません。ここで休憩するのは止めて森林限界を超えたP2489で休憩することにして足を進めました。

写真 写真
「富士見ベンチから」 「ナナカマドは葉が落ちて赤い実が映える」

写真
「P2489から」

 P2489から30分ほどで燕山荘に到着、時刻は12時25分です。山荘は沢山の人で大混雑なので昼食は後にしてまずは燕岳に向かいます。 
 燕岳頂上には12時50分に到着。燕岳から見る裏銀座や立山の山々はとても綺麗でした。

写真 写真
「燕山荘まであと少し」 「燕岳に向かう」

写真
「燕岳頂上から」

写真
「燕岳頂上から」

写真
「裏銀座の山並」

 山荘に戻ってきつねうどんを作って昼食。生ビールが美味しかった。
 ゆっくりと休憩して出発するか迷いましたが昼食を終えるとすぐに出発。山々の景色を堪能しながらゆっくりとヒュッテに向かいます。

写真 写真
「稜線を振り返る」 「蛙岩の右に人影」

写真
「表銀座街道と大天井岳、槍穂高連峰」

写真
「誰もいないコマクサ街道」

写真
「振り返る」

 景色を楽しみながらゆっくりと歩いて切通岩に到着。時刻は16時5分、ちょっとのんびり歩きすぎたと反省しヒュッテに向かいます。
 

写真 写真
「喜作さんのレリーフがある切通岩」 「大天井岳の分岐から」

 大天井岳の分岐からヒュッテまでは30分少々なので17時前には到着できそうです。
 大天井岳直下のヒュッテへのトラバース路を歩いていると雷鳥の声に気付き目を向けるとハイマツから雷鳥が現れました。胸から足の先までは白く冬支度をしているようです。
 中房温泉から出発すること7時間で大天井ヒュッテに到着です。

写真 写真
「雷鳥も冬支度の最中」 「大天井ヒュッテに到着」

 小池さんと一年ぶりの挨拶を交わしたあと夕焼けウォッチングに出かけました。しかし、雲が無かったので夕焼けにはなりませんでした。
 小屋に戻って夕食と楽しいパーティーに参加しました。通常ならば9時消灯が11時30分となってしまいました。

写真
「牛首展望台から」


Home