山 行 日 程 2014年7月21日(月)
天  候 曇り時々晴れ
同 行 者 やまあそさん

 いつもなら登った山の遠くから見た写真を載せますが、今回は写真に収めることができず載せることができませんでした。
 神戸新聞の19日土曜日の夕刊に 加東市の最高峰に山名が無いとの記事が出ていました。加東市の最高峰は加東市と篠山市、西脇市の三市の境界点で西光寺山から南西にある3つ目のピークです。
 ローカルな山の博士であるやまあそさんにもらった地図に載っていないかと見てみましたが何も書いてありません。
 このことをやまあそさんに話すと早速行こうというので登ってきました。

写真 写真
「神戸新聞」
やまあそさんのHPより引用
「やまあそさんに貰った地図」

 記事には加東市のエリア内を使って登るルートを開拓したいと書いてありましたが、それならば「やしろ鴨川の郷」から登るしかないようです。
 やまあそさんと「やしろ鴨川の郷」で合流し、準備を整えて8時に出発です。
 やまあそさんの計画では、この施設の裏山は「鴨川ひびきの森」と名づけられた遊歩道が整備されているので、途中までそれを利用して歩くとのことです。
 木橋を渡ると分岐があり「展望台」と書かれた方向へ進みます。遊歩道は急ではないのですが、とにかく暑くて汗が吹き出ます。
 そんな中20分ほどで展望台に到着です。

写真 写真
「鴨川ひびきの森に入ります」 「展望台を通過」

写真
「展望台から」

 さらに登っていくと行き止まりになり、説明板には「ウバメガシの林」と書いてあります。ここから尾根伝いに最高位峰を目指します。ちょっと藪ですが薄いので安心です。
 ところどころに古い残置テープありますが明確な尾根ではないので注意が必要です。しかしシダが多くてなかなか進みません。
 三角点「上鴨川」を通過すると右下にデカンショ街道が見えました。

写真 写真
「行き止まりをさらに進みます」 「シダが多くて歩きにくい」

 三角点から少し進むと重機で切り開いた暗部に到着。この尾根の東側には別荘地がありその道路の末端のようです。
 そこを上るとなんと人口の階段が!どこまでも続いてほしかったのですが・・・
 暑い中を尾根伝いに登ると杉の植林の尾根に出ました。そして少し進むと西脇市との境界に到着です。

写真 写真
「切通しを通過」 「加東市と西脇市の境界を登る」

 西脇市との境界はとても歩きやすい尾根となりました。
 穏やかな尾根を歩いていると三角点点名「大峯」標高618.2mを通過、この地域は修験道の山となっていてやまあそさんと黒田庄の荘厳寺から西光寺を経て社町の朝光寺までの尾根伝いの修験ルート探検途中となっています。

写真 写真
「とても歩きやすい尾根になる」 「三角点点名「大峯」標高618.2m」

 三角点から少し歩くと大きな岩がありしてしばらく登ると加東市最高峰の標高648mに到着、時刻は10時20分です。
  当初の計画ではこの先にある西光寺山まで登って昼食の予定でしたが、とても厳しい暑さと突発性難聴の後遺症で体調が良くないこともあり今日はここまでとして昼食としました。

写真 写真
「大きな岩を通過」 「加東市最高峰の標高648mに到着」

 さて下山ですが、登ってきた尾根をそのまま戻るのでは面白くないのでP471を辿って下山することにしました。
 ところが、P471を過ぎたところから地形がずいぶんと分かりづらくなってしまいちょっとした藪がうるさくて歩きにくくなってきました。
 尾根伝いに下山するのが理想ですが、標高が低くなるにつれてシダも出てきて歩きにくいのでシダを避けて谷沿いに下ることにしました。
 谷を下りきると林道に合流、水で浸食されてとても荒れて崩れた箇所などもありますが、下るにつれて道は良くなりました。やがて遊歩道と合流しました。

写真 写真
「登ってきた尾根から離れてP471へ向かう」 「炭焼き釜がある谷を下る」

写真 写真
「荒れた林道を下る」 「遊歩道に合流」

 今日は加東市の最高峰に登りました。しかし、最高峰といっても自然林の中で眺望はまったく無く、また特徴はありません。更にこの先に「ふるさと兵庫50山」にの西光寺山がありますから加東市の思いはなかなか成就しそうにはなさそうです。
 今日歩いたトラックです。

地図


Home