秋の表銀座

写真

山 行 日 程 2014年10月8日(水)〜10日(金)
天  候 晴れだけど突風
同 行 者 単独

 さよならパーティなら11時頃まで食堂で話をしますが、昨日は通常営業、9時には消灯でしたので十分睡眠を取りました。
 大天井ヒュッテの朝食は日の出に合わせて準備されます。夏場なら日の出を見て(朝焼けウォッチング)から朝食、この時期は朝食をしてから日の出を見ます。今朝の5時の朝食を済ませ、朝焼けウォッチングはパスして再び布団のなかでゆっくりと二度寝をして寛ぎました。
 十分寛いで起きたのですがそれでも時刻は6時15分、ゆっくりと準備をして出発です。
 昨年は常念小屋から一ノ沢を下りましたが、今回は来たルートを戻ります。大天井岳は昨日登ったので大天井岳の西斜面の喜作新道を使ってトラバースします。今日の天気は快晴で空気も澄んでいます。

写真 写真
「聡明な槍ヶ岳連峰」
(手前のピークは牛首展望台)
「鷲羽岳とガスを被った水晶岳」

 昨日強かった風も今日は無く穏やかで、大天井岳のトラバース路は日陰なのでちょっと肌寒く感じますが適度な上り調子なので快適です。
 大天井岳への分岐に到着すると日も高くなり大展望となりました。

写真
「槍ヶ岳から水晶岳が一望」

写真
「鷲羽岳から水晶岳、赤牛岳、奥に立山連峰、その右に針ノ木岳」

 とても良い天気ですが表銀座を歩く人と初めてすれ違ったのは大下り手前で、今日もとても静かな尾根歩きとなりました。
 景色をゆっくりと楽しみながら歩いて8時50分燕山荘に到着、休まないで燕岳に登ります。
 この時間燕山荘に泊まった登山者は下山した人が多く人もまばらで山荘から燕岳のルートも二人とすれ違っただけでした。
 30分で燕岳頂上に到着、360度の大パノラマを堪能です。 

写真 写真
「快晴の燕岳」 「イルカと槍ヶ岳」

写真
「燕岳から北方向、遠く鹿島槍ヶ岳と白馬岳が見える」

写真
「雲海に浮かぶ左から四阿山、浅間山、八ヶ岳連峰、富士山、甲斐駒ヶ岳、北岳の南アルプスの山々」

 心地良い日差しの中景色を堪能して下山に掛かります。
 燕山荘に戻ってビールを買って雲海に浮かぶ東方向の山々や、裏銀座の山並を楽しんだあと中房温泉に向けてゆっくりと下山、登ってくる人は結構多くすれ違いで待機することが多いけれどゆっくりと下山して12時20分に下山しました。



Home