奥穂高岳

写真

山 行 日 程 2019年5月2日(木)〜4日(土)
天  候 曇りのち晴

第1日目

 かねてから北アルプスの春山に登りたいと思っていましたが、今回ようやく準備が整い奥穂高岳に登ることにしました。
 涸沢ヒュッテ、涸沢小屋、穂高山荘が共に営業を開始していますが、経費削減のため涸沢にテントを張ることにし、1日目は上高地から涸沢、2日目は奥穂高岳をピストン、3日目は下山というシンプルな行程にしました。
 アカンダナ駐車場発朝5時20分のバスに乗り上高地に入山、登山届を出して6時7分に出発です。
 歩きなれた遊歩道を順調に歩き1時間半で徳澤に到着、多くのテントが張ってありました。
 徳澤と横尾の中間点までは遊歩道でしたが、中間点からは積雪が多いためか作業車両用の道路になりました。上高地から休憩することなく歩き通して2時間30分で横尾に到着、沢山の人が休憩しています。 

写真 写真
「奥穂高岳はガスで見えない」 「天気が回復してきた」

写真 写真
「徳澤はテントがたくさん」 「途中から作業道を歩いて横尾に到着」

 草餅を食べてエネルギーを補給していると空から雨がパラパラ、天気が回復どころか悪くなるのではないかと心配になりました。
 ゆっくりと30分休憩して9時丁度に横尾を出発、ここからは登山道になり本谷橋を1時間で到着できるように歩きます。
 吊橋を渡って暫く歩くと登山道には雪が残っていました。途中で多くの人がアイゼンを付けていましたがまだ必要ないと思いそのまま歩いて本谷橋に10時15分に到着。
 ここで少し休憩してアイゼンを付けます。アイゼンはブラックダイヤモンドの12本爪セラックストラップで、今回準備した装備の一つです。

写真 写真
「横尾を出発」 「雪が残っているがアイゼンはまだ不要」

写真 写真
「屏風岩」 「本谷橋に到着(正面に北穂高岳方向)」

 ここから涸沢までの標高差500mの登りとなり本日一番の正念場です。
 本谷橋からは夏道を外れ涸沢沿いに残雪の上を登っていくのですが、陽が差している時はとても暑く、日陰になり少しでも風が吹くと急に肌寒くなりますので上着の調整がとても困難です。
 真っ白な斜面を喘ぎながらひたすら登り時々上を見ますが小屋は全く見えません。
 本谷橋から2時間歩いてようやく遥か前方に涸沢ヒュッテがかすかに見えました。しかし登っても登ってもヒュッテは大きくなりません。
 ヒュッテが見えてから45分でようやく涸沢ヒュッテの天場に到着、時刻は12時50分。沢山のテントが既に張ってあり自分のテントの大きさに見合った場所を見つけテントの設営に取り掛かります。
 テントが張ってあった場所なのですが昨夜の雪が積もっており除雪が必要です。今回準備した装備の一つモンベルのスコップで除雪、整地をしてテント設営を完了しました。
 テント設営が終わるころには空はとてもきれいな青になり、ビールを飲みながらゆっくりと景色を楽しみました。
 今回は、夏山のテント泊まりの装備に加え、ピッケル(JMMさんのもの)、アイゼン、スコップ、ヘルメット(OAPさんのもの)、防寒対策などにより荷物がとても重くなり結構体力を消耗しました。

写真 写真
「日差しがあるところは暑いので薄着の人も」 「本谷橋方向を振り返る」

写真 写真
「正面に奥穂高岳とその下に涸沢ヒュッテ」 「天場に到着」


Home