平治岳

写真

山 行 日 程 2019年6月8日(土)
天  候 小雨のち晴れ
同 行 者 由李子

 由李子に誘われ九重連山のミヤマキリシマを見行くことにしました。
 金曜日、秘湯を守る会に登録されている寒の地獄温泉に前泊し長者原ビジターセンターを9時丁度に出発、小雨が降っているので傘をさして歩きます。
   ガスに包まれたタデ湿原の木道を10分歩くと木道は終了し森の中に入っていきます。小雨なので森の中はほとんど雨は落ちてこなくて時々風で揺れた木からバラバラっと落ちてくる程度です。
 最初は歩きやすかったトレイルも高度が上がってくるにつれぬかるんできました。このぬかるみは登るにつれてどんどんひどくなってきて靴はもうドロドロ、長靴で登る山のようです。
 登り始めて1時間30分で森を抜けると雨ヶ池に到着。雨ヶ池もガスの中ですが、ミヤマキリシマがちらほら咲いています。傘をさしているのとドロドロの道を歩くのが相まって結構時間が掛かってしまいました。

写真 写真
「ダデ原湿原はガスの中」 「雨ヶ池からミマキリシマが咲いている」

 雨ヶ池を抜けると再び森の中へ、ドロドロのトレイルに再び突入し坊ガツルに向けて下っていきます。しかし、このドロドロの下りはとても恐ろしく、滑って転べば大変なことになってしまいます。一歩一歩確実に下ります。
 滑らないように歩いたので時間が掛かってしまい坊ガツルには11時10分に到着です。坊ガツルもガスの中でまったく山は見えません。とりあえずキャンプ場の炊事場で昼食し今後どうするか相談。
 せっかくここまで来たので、ミヤマキリシマを一目見て帰ることにして大船山登山道を登ることにして11時47分にキャンプ場を出発。 

写真 写真
「坊ガツルもガスの中」 「キャンプ場を出発」

 大船山への登りはこれまでの森の中と同じなのですがドロドロは殆どなく岩が多い登山道となりました。
 天候が回復しない中登っていると時々日差しが差し込んでくるようになりました。キャンプ場から1時間で森を抜け稜線に出ると雨は上がりましたがガスに包まれて周りはよく見えません。
 しかし、ミヤマキリシマがあたり一面に咲いています。

写真 写真
「大船山の登りは岩が多い」 「稜線は周り一面ミヤマキリシマ」

 せっかく来たので大船山に登ることにしました。
 鞍部に一度下って森を抜けると大船山の北斜面にミヤマキリシマが咲いています。天候も回復してきており淡いピンクが緑の中に映えています。
 斜面を登りきると大船山頂上に到着です。時刻は13時20分、なんと4時間20分も掛かってしまいました。
 大船山360度パノラマ
 ガスが時折流れて麓の景色を見ていると、賑やかな声が南斜面の方から聞こえてきます。少し下って覗いてみますとミヤマキリシマが一面に咲いている鞍部でしたので早速行ってみます。

写真 写真
「大船山北斜面のミヤマキリシマ」 「大船山南側の鞍部を俯瞰」

 南側斜面を少し下るとあたり一面ミヤマキリシマで覆いつくされています。
 大船山南斜面のミヤマキリシマ360度パノラマ
 ミヤマキリシマを楽しんでいると晴れてきたので下山時間が遅くなりますが由李子と相談して平治岳にも行ってみることにしました。
 大船山に戻ってみると稜線に出たときはガスで全く見えませんでしたが今では良く晴れて米窪のミヤマキリシマもきれいに見えています。
 下山時間が遅くなるので急いで平治岳に向かいます。
 

写真 写真
「大船山から米窪を俯瞰する」 「米窪西斜面のミヤマキリシマ」

 米窪西斜面のミヤマキリシマの中を泳ぐように進んでいきます。
 大船山から30分稜線を歩くと正面に平治岳が見えてきました。平治岳の頂上はミヤマキリシマでピンクに染まっています。
 しかしこれから更に下って平治岳の頂上まで登るのかと思うと急に疲れが出ました。

写真 写真
「ミヤマキリシマの中を泳ぐように」 「頂上がピンクに染まった平治岳」

 荒れた登山道を下って14時30分に暗部に到着。沢山の人で賑わっており、ほとんどの人が平治岳から下山した人のようです。
 平治岳には上り用登山道と下り用登山道があります。
 ガスが次第に出てきているので急がないと平治岳の頂上一面の景色が見れなくなるので焦りながらぐんぐん登ります。
 喘ぎながら急いで20分で登りきるものの残念ながらガスに包まれてしまいました。
 時刻は既に15時。

写真 写真
「上り専用登山道」 「平治岳頂上のミヤマキリシマ」

 平治岳を下って坊ガヅルへ向かう登山道も暗い森の中で、またドロドロの道でした。
 1時間でキャンプ場に到着。朝は少なかったテントも天候が回復する天気予報のためか増えており色とりどりのテントで賑やかになっています。ちなみに水場ありトイレありで天気が悪くなければ良い天場だと思いました。天場は法華院温泉にもありますが狭いようです。
 この後ドロドロの登山道を戻って長者原ビジターセンターに18時丁度に到着。ドロドロの靴とスパッツをどうしようかと由李子に相談すると洗い場があるのを教えてくれました。
 平治岳頂上のミヤマキリシマを好天気の中で見れなかったのは残念でしたが、とても満足した山行でした。

写真 写真
「草場の天場(奥に法華院温泉)」 「タデ湿原に到着」


Home